ニュース

届かなかった世界一へ…ロイヤルズが昨年20勝&最多奪三振のクエトを獲得!

無断転載禁止
ロイヤルズへの移籍が決まったレッズのクエト [Getty Images]
 ア・リーグ中地区で首位を走るロイヤルズは現地時間26日、トレードの成立を発表。ブランドン・フィネガンら3投手を放出し、レッズのエース右腕ジョニー・クエトを獲得した。

 2位・ツインズに7.5ゲーム差をつけ、地区首位を快走するロイヤルズ。昨年掴み損ねたワールドチャンピオンに向けて、大きな補強に乗り出した。

 クエトはレッズでエースとして君臨した29歳右腕。昨シーズンはキャリア初の20勝をマークし、242奪三振はリーグ最多。被打率.194もトップの数字で、サイ・ヤング賞投票でもドジャースのクレイトン・カーショーに次ぐ2番目の票数を集めた。

 今シーズンもナ・リーグ中地区4位に沈むチームの中、7勝6敗で防御率2.62と安定した投球を披露。7月も終わるこのタイミングで、プレーオフを見据えて先発の補強に乗り出したロイヤルズに移ることが決まった。

 ロイヤルズはFAでエースのジェームズ・シールズが抜けたものの、新加入のエディソン・ボルケスにジェレミー・ガスリー、ベテランのクリス・ヤングらの奮闘で、先発陣が掴んだ勝ち星は39個とリーグで2番目の好成績を残す。ここにクエトが加わるとなれば、さらに強固な陣容が固まる。

 見返りとして昨年ルーキーながらワールドシリーズの大舞台を踏んだ期待の左腕フィネガンを含む3名を放出することとなったが、30年ぶりの世界一へ向けての準備を整えた。

ジョニー・クエト

・ドミニカ共和国出身
メジャー8年目/29歳 右投右打
[今季成績] 19試 7勝6敗 奪三120 防2.62
[通算成績] 213試 92勝63敗 奪三1115 防3.21
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西