ニュース

タイトルレース全6部門で3位以内…ヤクルト・山田哲人の可能性

無断転載禁止
どこまでいく!?後半戦ハイペースで成績を伸ばしている山田哲人 ©BASEBALLKING
 開幕から3カ月が経ち、後半戦に入ったプロ野球。後半戦がはじまってからとにかく好調なのがヤクルトの山田哲人だ。

 オールスター第2戦のホームランダービーで優勝を手にした男は、それを弾みにするようにシーズンでも快音を連発。後半戦の6試合で4発の本塁打を放ち、27打数の16安打で打率は驚異の.593を記録している。

 個人成績のどの部門を見ても山田が上位に入ってきているという異常事態。果たして、この男には“何冠”の可能性があるのだろうか。27日時点でのセ・リーグ個人成績と、山田の順位は以下のようになっている。

・打率
1位 .336 川端慎吾(ヤ)
2位 .332 筒香嘉智(De)
3位 .328 山田哲人(ヤ)☆

・本塁打
1位 23本 山田哲人(ヤ)☆
2位 19本 畠山和洋(ヤ)

・打点
1位 66点 畠山和洋(ヤ)
2位 62点 筒香嘉智(De)
3位 60点 山田哲人(ヤ)☆

・出塁率
1位 .413 山田哲人(ヤ)☆
2位 .410 筒香嘉智(De)

・安打
1位 124本 川端慎吾(ヤ)
2位 117本 山田哲人(ヤ)☆

・盗塁
1位 18個 梶谷隆幸(De)
2位 17個 山田哲人(ヤ)☆

 このように、表彰の対象となる6部門すべてで3位以上につけるという凄まじい成績。セ・リーグでは86年の阪神・バース以来となる三冠王への期待が高まる中、全タイトル獲得の“六冠”すら狙えてしまう位置につけている。

 さらに、表彰の対象にはなっていないものの、リーグトップクラスの成績を残している部門もまだいくつか存在している。

・試合数
1位 90試合 山田哲人(ほか5名)☆

・得点
1位 74点 山田哲人(ヤ)☆
2位 51点 川端慎吾(ヤ)

・二塁打
1位 27本 田中広輔(広)
2位 26本 山田哲人(ヤ)☆

・塁打数
1位 214 山田哲人(ヤ)☆
2位 170 筒香嘉智(De)

・長打率
1位 .599 山田哲人(ヤ)☆
2位 .543 筒香嘉智(De)

・出塁率
1位 .413 山田哲人(ヤ)☆
2位 .410 筒香嘉智(De)

 以上、さらに6つの項目でもリーグ1、2を争う数字を残しているのだ。

 過去に三冠王を獲得した選手たちを調べてみると、彼らも三冠だけに留まらず、その他の部門でもリーグトップの成績を残していた。山田は偉大な先輩たちに並び、また超えていくことができるか。ヤクルトをけん引する23歳から今後も目が離せない。


▼ 歴代三冠王獲得者が三冠以外にトップだったもの...

・中島治康(巨人/1938秋) 三冠王 + 安打・長打率
・野村克也(南海/1965) 三冠王 + 得点・安打・塁打数
・王貞治(巨人/1973) 三冠王 + 試合数・得点・安打・塁打数・出塁率・長打率
・王貞治(巨人/1974) 三冠王 + 試合数・得点・塁打数・出塁率・長打率
・落合博満(ロッテ/1982) 三冠王 + 安打・二塁打・塁打数・出塁率・長打率
・ブーマー(阪急/1984) 三冠王 + 安打・塁打数
・バース(阪神/1985) 三冠王 + 安打・二塁打・塁打数・出塁率・長打率
・落合博満(ロッテ/1985) 三冠王 + 試合数・得点・塁打数・出塁率・長打率
・バース(阪神/1986) 三冠王 + 安打・塁打数・出塁率・長打率
・落合博満(ロッテ/1986) 三冠王 + 得点・出塁率・長打率
・松中信彦(ダイエー/2004) 三冠王 + 得点・安打・塁打数・出塁率・長打率
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西