ニュース

早大コンビに明暗 福井は自己最多の9勝目も、斎藤佑は…

無断転載禁止
自己最多の9勝目を挙げた広島の福井優也(左)と今季未勝利の日本ハム・斎藤佑樹(右) ©BASEBALLKING 
 早稲田大学でともに汗を流した斎藤佑樹(日本ハム)と福井優也(広島)が22日、先発したが明暗が分かれる結果となった。

 22日の巨人戦、自己最多の9勝目を懸けて先発のマウンドに上がった福井。福井はランナーを出しながらも、慌てることなく無失点投球を続けていく。7回には3つの四球で一死満塁のピンチを招いた。昨季までなら自滅していくところだったが、小林誠司を二飛、代打の堂上剛裕を右飛に仕留め、無失点で切り抜ける。

 両チーム無得点で迎えた8回、井端弘和にタイムリーを浴びるも、その裏エルドレッドが逆転2ランを放ち、福井は自己最多となる9勝目。お立ち台に上がった福井は「最後に点を取られてしまって悔しい気持ちもありますけど、チームが勝ったので嬉しいです」と喜んだ。

 一方、オリックス戦に先発した斎藤佑は、6回途中9安打5失点で今季2敗目を喫した。5失点したものの、5回までは毎回のように走者を出しながらも1失点にまとめていた。ただ、疲れがみえてきた6回にオリックス打線に捕まり4点を失い、イニング途中で降板。

 試合後、斎藤佑は「もう少し粘って投げたかったです。悔しいですけど、きょうの反省を次回に活かしていくだけです」とコメント。栗山監督は「あれだけ打たれながらきっちり要所は抑えられていたとは思う。3回先発してこのチームの中では、こうしていかなければいけないというものが見えたんじゃないかな」と評価した。

 今季で5年目を迎えた斎藤佑、福井、大石達也(西武)。福井は伸び悩み気味だったが、今季大きく飛躍を遂げた。斎藤佑は、今季初勝利を挙げられず苦しんでいる。早大時代、斎藤佑と福井とともに活躍した大石は二軍調整中。ドラフト1位でともに入団した3人揃って、一軍で活躍する日は来るだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西