ニュース

【U-18W杯】夏の主役たちが甲子園に帰還…決勝王手の侍ジャパンが韓国に挑む

無断転載禁止
韓国戦に先発する中京大中京の上野翔太郎[Getty Images]
 夏の甲子園が閉幕してからまもなくして始まった「第27回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ」。日本は全勝で1stラウンドを突破し、スーパーラウンドでも初戦でカナダを相手に勝利。大会唯一全勝をキープしたまま今日、最大のライバル・韓国との対戦を迎える。

 決勝進出をかけたスーパーラウンドを戦う6チームの順位表は以下のようになっている。

スーパーラウンド順位表

1位 3勝0敗 日本
2位 2勝1敗 韓国
2位 2勝1敗 アメリカ
4位 1勝2敗 オーストラリア
4位 1勝2敗 キューバ
6位 0勝3敗 カナダ

 1stラウンドで戦ったグループA、Bの上位3チームによって争われるのがスーパーラウンド。上位2チームが決勝戦進出となる。

 スーパーラウンドでは、1stラウンドで戦った相手との対戦はなく、その成績を受け継ぐことになっているため、日本は韓国、キューバ、カナダの3チームとだけ対戦。アメリカ、オーストラリアとはすでに対戦を済ませ、勝利を挙げていたので、2勝0敗からのスタートということになった。

 グループBを全勝で勝ち上がってきた韓国は、3日のスーパーラウンド初戦でアメリカに逆転負け。これにより、全勝は日本のみとなり、韓国との直接対決を前に決勝進出へ大きく前進した。

 これまでは全て舞洲ベースボールスタジアムでの試合だったが、今日の韓国戦からは甲子園での開催。この夏、甲子園を沸かせた球児たちが聖地に帰ってくる。

 勝てば決勝進出が決まる重要な一戦。試合は18時プレイボール予定となっている。

 侍ジャパンのここまでの戦いぶりは以下の通り。

1stラウンド(グループA)

○ vsブラジル [14-0]
○ vsアメリカ [3-0]
○ vsオーストラリア [10-1]
○ vsチェコ [15-0]
○ vsメキシコ [12-0]

5試 5勝0敗 54得点 / 1失点

スーパーラウンド

○ vsカナダ [5-2]
4日 vs韓国
5日 vsキューバ
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西