ニュース

来季の契約を勝ち取るために…助っ人たちの残留力

無断転載禁止
9月好調が続く楽天のウィーラー [BASEBALLKING]
 9月に入り、優勝、CS、タイトル争いが激しくなってきているが、今季で契約が切れる助っ人たちも来季の契約を勝ち取るために必死だ。

 今季から楽天に加入したウィーラーは、日本ハムとの開幕戦で本塁打を放つも、打撃不振が続き、一、二軍の往復が続いていた。8月が終了した時点の打撃成績は打率.204、6本塁打23打点と、助っ人としてはかなり寂しい数字。

 9月に入ると、これまでの不振が嘘だったように大爆発している。2日のオリックス戦から4試合連続マルチ安打を記録。4日のソフトバンク戦では第3打席で、2試合連続となる2ラン。走塁でも、8回に巨体を揺らしながら二塁から、捕手のタッチを上手くかわして、逆転のホームを踏んだ。9月は6試合に出場して、打率.542、3本塁打6打点と絶好調。来季の契約を掴むため、必死にアピールを続けている。

 近年、終盤に活躍して翌年の契約を勝ち取った助っ人といえば、エルドレッドがいる。来日2年目の2013年開幕から4番で出場していたが故障や打撃不振などで、8月終了時点で打率.203と低迷。初のCSを目指す広島は、同年の途中にキラを獲得。そのキラが4番で打線の軸としてチームを引っ張っていたが、エルドレッドも負けじと9、10月に7本塁打15打点。CS出場を決めた9月25日の中日戦では決勝の本塁打を放った。

 エルドレッドは9、10月の活躍が評価され残留。翌年は一時打撃不振で登録抹消となった時期もあったが、37本塁打104打点と来日3年目で自己最高の成績を残し、本塁打王のタイトルを獲得した。

 元巨人のボウカーも1年目、69試合に出場して打率.196と3本塁打10打点と全く結果を残せず。本来ならば自由契約にされてもおかしくない成績だったが、CS、日本シリーズで大暴れ。日本シリーズでは2本塁打7打点と巨人の日本一に大きく貢献。オフには巨人と再契約を結んだ。

 その他、バルディリス(DeNA)、バリントン(オリックス)、ミレッジ(ヤクルト)などが今季限りの契約となっている。最後の1カ月で、エルドレッドやボウカーのようにアピールすることができるだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西