ニュース

現役に一区切り 引退を表明した選手たちのセレモニーはいつ?

無断転載禁止
WBC日本代表として活躍した中日の小笠原道大[Getty Images]
 シーズンも残すところあとわずか。今季も長年プロ野球界を支えた選手たちがユニフォームを脱ぐ。

 引退を表明している選手たちの引退試合、引退セレモニーを見ていきたい。現時点で球団から発表されているのは谷佳知(オリックス)、小山伸一郎(楽天)、斎藤隆(楽天)の3人。谷は10月3日のソフトバンク戦、斎藤隆が10月4日のソフトバンク戦、小山が10月6日のロッテ戦で引退セレモニーが行われる予定になっている。

 また球団から公式に発表されていないが、和田一浩(中日)は19日に更新した自身のブログで「9月24日のタイガース戦が、皆様の前でプレーできる最後の試合になると思います」とファンに向けて報告した。

 すでに、引退試合を行った選手もいる。06年のリーグ優勝と07年の日本一に大きく貢献した朝倉健太(中日)は、9月20日の巨人戦に現役最後のマウンドに上がった。昨季までチームメートだった堂上剛裕と対戦し、捕邪飛に打ち取り降板。大粒の涙を流してナゴヤドームのマウンドに別れを告げた。

 翌21日の巨人戦で、小笠原道大(中日)が引退試合を行い、最後まで持ち前のフルスイングでファンを沸かせた。試合後には中日、古巣・巨人の選手から5度の胴上げ。通算2120安打の『ガッツ』がユニフォームを脱いだ。

 現役生活も残りわずかとなった選手たちの最後を、ファンはしっかりと目に焼き付けたいところだ。

【今季限りで現役引退を表明した選手】
朝倉健太(中日)
引退試合:9月20日巨人戦

小笠原道大(中日)
引退試合:9月21日巨人戦

和田一浩(中日)
引退試合:9月24日阪神戦?

谷繁元信(中日)
最終出場予定:9月26日DeNA戦?

高橋尚成(DeNA)
引退試合:10月2日巨人戦?

斎藤隆(楽天)
引退セレモニー:10月4日ソフトバンク戦

小山伸一郎(楽天)
引退セレモニー:10月6日ロッテ戦

谷佳知(オリックス)
引退セレモニー:10月3日ソフトバンク戦

平野恵一(オリックス)
森本稀哲(西武)
西口文也(西武)

※対戦相手の後の?は球団から公式に発表されていないもの
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西