ニュース

V目前!開幕前にヤクルトの優勝を予想した解説者は?

無断転載禁止
リーグ優勝が目前に迫ったヤクルトの真中満監督[BASEBALLKING]
 ヤクルトが14年ぶりのリーグ制覇に向けて、マジック『1』とした。早ければ今夜の広島戦に勝利か引き分けでリーグ優勝が決まる。

 快進撃を続けるヤクルトだが、開幕前のプロ野球解説者たちの予想は低かった。3連覇中の巨人、黒田が復帰した広島、昨季CSで巨人を破り日本シリーズに進出した阪神が優勝候補に挙がる中、2年連続最下位に沈んだヤクルトをAクラスに予想する解説者はほとんどいなかった。

 そんな中、巨人OBの江川卓氏は、開幕前の3月15日に放送された『Going Sports&News』(日本テレビ系)でヤクルトを優勝候補に挙げている。江川氏は同番組で、由規、小川泰弘、故障していた主力が戻り、FAで成瀬善久も加わったことでチーム防御率3点台中盤も可能だと話していた。

 開幕後のヤクルトは先発陣で苦しんだが、リリーフ陣は昨季から整備され、救援防御率は昨季の4.62から2.62に向上。守護神のバーネットを始め、勝ちパターンの投手が確立されたことで、勝ち試合を拾えるようになった。

 また、ヤクルトOBの宮本慎也氏、稲葉篤紀氏、石井一久氏、01年リーグ優勝のときに指揮を執った若松勉氏も優勝予想は他球団だったが、現役時代ヤクルトで5度のリーグ優勝4度の日本一を経験した古田敦也氏だけはヤクルトの優勝を予想していた。

 前評判が低かったヤクルトが、歓喜の瞬間に近づいている。今夜の広島戦で、真中満監督は神宮の夜空に宙を舞うことができるだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西