ニュース

ロッテ、CS進出に王手! 大嶺祐-大谷-内が完封リレー

○ ロッテ 2 - 0 楽天 ●
<24回戦・QVCマリン>

 ロッテが接戦を制し、再び単独3位に浮上。投手陣が見事な完封リレーを達成し、クライマックスシリーズ(CS)進出に王手をかけた。

 ロッテは0-0で迎えた8回、一死から3番今江、4番デスパイネの連打で一、二塁とすると、5番福浦が四球で繋ぎ満塁。二死とされたあと7番鈴木も押し出しとなる四球を選び、ついに試合の均衡を破った。

 なおも続く満塁の好機で、8番中村のライナー性の打球を三塁手・ウィーラーが落球。相手の自滅に助けられる形となったが、貴重な2点目をもぎ取った。

 先発の大嶺祐太は、この日も安定感抜群の投球で7回無失点。打線の援護がなく勝利こそならなかったが、負けられない試合で成長の証を示した。

 8回はセットアッパーの大谷が危なげなく無失点。その裏に打線が決勝点を奪ったため、大谷は今季3勝目(1敗)。9回を三者凡退で締めた内は、5戦連続となる5セーブ目(1勝1敗)を手にした。

 大嶺、内とともにお立ち台に上がった大谷は「祐太がいい投球をしていたので何とかゼロで繋ぎたかった。何とかクライマックス行きを明日で決められるように頑張りたい」と力を込めた。

 大嶺は「明日も勝ってくれると思うので、応援を頑張ります」と笑顔。内は「最後は西野に(シーズンを)締めてもらいたので、それまでは自分が頑張りたい」と、左足骨折でリハビリ中の戦友に熱いメッセージを送った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西