ニュース

ロイヤルズ、一挙5得点で逆転勝ち ブルージェイズは再び連敗スタート

無断転載禁止
本拠地での2連勝スタートを喜ぶロイヤルズナイン[Getty Images]
~AL優勝決定シリーズ・第2戦~
○ ロイヤルズ 6 - 3 ブルージェイズ ●
<現地時間10月17日 カウフマン・スタジアム>

 ロイヤルズ(中地区1位)とブルージェイズ(東地区1位)のリーグ優勝決定シリーズ第2戦が現地時間17日(日本時間18日)に行われ、7回に一挙5点を奪ったロイヤルズが、ホームで2連勝スタートを飾った。

 ロイヤルズは3点ビハインドの7回、先頭の2番ゾブリストからの3連打で1点を返すと、5番モラレスのショートゴロの間に2点目。続くムスターカスもライトへのタイムリーを放ち3-3の同点に追いついた。

 攻撃の手を緩めないロイヤルズ打線は、なおも二死二塁の好機で、8番ゴードンがタイムリー二塁打を放ち勝ち越し。さらに9番リオスにもタイムリーが生まれ、この回だけで5点を奪った。8回にもムスターカスが2打席連続のタイムリーを放ち6点目。地区シリーズでも見せた集中打をこの試合でも再現し、本拠地ファンを熱狂させた。

 投手陣は先発のベンチュラが6回途中3失点で降板したが、リリーフ陣が奮投し、最後はヘレラ、デービスの勝ちパターンに繋いだ。

 一方のブルージェイズは、下位打線の連続長打で3回に先制。6回には4番エンカーナシオン、6番トロウィツキーのタイムリーで加点したが、先発のプライスが7回に一挙5点を失い、レンジャーズとの地区シリーズに続き、このシリーズも連敗スタートとなった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西