ニュース

大勝のロイヤルズがリーグ2連覇に王手!ブルージェイズはまたしても崖っぷち…

無断転載禁止
リーグ連覇に王手をかけたロイヤルズ[Getty Images]
~AL優勝決定シリーズ・第4戦~
● ブルージェイズ 2 - 14 ロイヤルズ ○
<現地時間10月20日 ロジャース・センター>

 ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦が現地時間の20日(日本時間21日)、トロントはロジャース・センターで行なわれ、ロイヤルズが敵地で大勝を収めた。

 ロイヤルズの2勝1敗で迎えた第4戦は、昨日11失点を喫したお返しとばかりにロイヤルズ打線が初回から爆発する。

 初回、先頭のエスコバルが内野安打で出塁すると、2番のゾブリストがライトスタンドへと叩きこむ2ランホームランを放って2点を先制。さらに3番のケーンが四球で歩くと、4番・ホズマーも安打を放って無死一三塁とチャンスを広げ、モラレスの打席中にパスボールでケーンが生還。その後、ムスターカスに犠飛が飛び出し、初回だけで一挙4点を挙げた。

 2回にもリオスのソロで1点を追加し、試合を優位に進めたロイヤルズは、5-2とリードして迎えた終盤にトドメの猛攻。7回にエスコバルの犠飛と相手の暴投、ケーンのタイムリー、ホズマーの犠飛で計4点を挙げると、8回にもエスコバルの犠飛とケーンの2点タイムリーで3点を追加。12-2で迎えた9回にも1番・エスコバルのこの日4打点目となる2点タイムリーでさらに突き放し、ロイヤルズが14-2で圧勝した。

 この結果、対戦成績はロイヤルズの3勝1敗。ロイヤルズがリーグ2連覇と2年連続ワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 一方のブルージェイズはホームでの屈辱的な敗戦により、いよいよ崖っぷちに立たされた。地区シリーズでは2連敗で王手をかけられてからの3連勝で勝ち上がってきただけに、ここでも意地を見せることができるだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西