ニュース 2016.04.11. 06:30

ロッテ・スタンリッジが移籍後初勝利 お父さんの投球にキャッシュ君「Very Good!」

無断転載禁止
ロッテのスタンリッジ
 10日の西武戦に先発登板したロッテのスタンリッジが、7回を2失点に抑え移籍後初勝利を飾った。

 「立ち上がりは、少し気合が入りすぎた」と試合後に話したスタンリッジは初回、先頭の秋山翔吾にいきなり四球を与えてしまう。二死までこぎつけたが、4番の中村剛也に高めのストレートを右中間に弾き返され先制を許す。さらに、続くメヒアにもレフト前タイムリーを浴び2点を失った。

 2回と3回も走者を背負う苦しい投球となったが、なんとか無失点に抑える。すると打線は、1点を追う3回に井口資仁が3ランを放ち逆転に成功する。2点のリードをもらったスタンリッジは、尻上がりに調子を上げていく。特に6回はわずか6球で三者凡退に仕留めるなど、7回を5安打、4四死球、2失点に抑え、移籍後初勝利をマークした。

 試合後には井口、息子のキャッシュ君とともに、お立ち台に上がったスタンリッジ。「今日はおじさん2人で頑張りました」と場内の笑いを誘うと、キャッシュ君も父親のピッチングに「Very good!」と答え場内を盛り上げていた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西