ニュース

広島、3連勝で首位浮上! ルナ5試合連続打点、中崎は5セーブ目

○ 広島 3 - 1 中日 ●
<4回戦・呉>

 投打が噛み合った広島が3連勝。巨人が敗れたため、今季初めて首位に並んだ。

 先発の野村は立ち上がり不安定。四球と連打いきなり無死満塁のピンチを招くと、4番ビシエドにも右前適時打を許し、あっさりと先制点を許した。

 それでも5番ナニータを空振り三振に仕留めると、6番藤井は注文通りの三ゴロ併殺。初回を何とか最少失点で切り抜けると、2回以降は安定感を取り戻した。

 打線は1回裏、すかさず野村を援護。1番田中の左安を口火に一死一、二塁の好機を作ると、4番ルナが5試合連続打点となる適時打を放ち同点。さらに5番エルドレッドも左前適時打で続き、あっさりと逆転に成功した。

 1点リードの6回には、エルドレッドが2号ソロを放ち3-1。この日も頼りになる助っ人が、揃って打線を牽引した。

 野村は2回以降立ち直り、7回1失点で今季2勝目(1敗)。8回からはジャクソン、中崎と繋ぎ、最後を締めた中崎は、リーグ単独トップとなる5セーブ目(1敗)を手にした。

 中日は初回、1点を先制しなおも無死満塁としたが、ナニータ、藤井が倒れ野村を攻めきれず。先発の若松は8回3失点と粘ったが、打線の援護がなく今季初黒星(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西