ニュース

西野、増井、平野が失点…不安定なパの守護神たち

無断転載禁止
ロッテの西野勇士
 3日のパ・リーグは、抑え投手にとって辛い1日となった。この日は、サファテ(ソフトバンク)、西野勇士(ロッテ)、増井浩俊(日本ハム)、平野佳寿(オリックス)と4球団の抑え投手が登板したが、サファテ以外の3投手が失点した。

 ここまでリーグトップの8セーブを挙げる西野は、楽天戦に登板。1-0の9回からマウンドにあがったが、先頭の後藤光尊にストレートをレフト前に運ばれると、伊志嶺忠の犠打で一死二塁とされる。藤田一也を中飛に打ち取り二死としたが、嶋基宏に同点の適時二塁打、さらに岡島豪郎にも適時打を浴びサヨナラ負け。これで西野は前回登板の4月29日、日本ハム戦に続き2試合連続失点。ここ5試合では、4試合で失点と精彩を欠いた投球が続いている。

 本拠地札幌ドームで行われたソフトバンク戦に、1点リードの9回から登板した増井浩俊(日本ハム)もピリッとしなかった。先頭の本多雄一にレフト前ヒットで出塁を許すと、続く福田秀平の犠打で一死二塁。2番高田知季を遊ゴロで二死とし、試合終了までアウト1つに迫った。

 だが、このアウト1つを取るのが難しかった。柳田悠岐にストレートの四球で一、三塁とピンチを広げると、内川聖一に外角のストレートをライト前に弾き返され、同点に追いつかれた。5番長谷川勇也を遊ゴロに打ち取り、逆転は逃れたが、ロッテの守護神・西野と同じように2試合連続での失点となった。

 オリックスの平野は西武戦に、5点リードの9回無死満塁の場面で登板。いきなり大ピンチでの登板となった平野は、秋山翔吾に初球のフォークを捉えられ、2点適時打を浴びる。木村昇吾を空振り三振に仕留めるも、栗山巧に2点適時打で1点差に。中村剛也、メヒアと続く嫌な流れだったが、中村を見逃し三振、メヒアを137キロのフォークで空振り三振に仕留め、なんとかリードを守り抜いた。

 この日登板のなかった松井裕樹(楽天)も、4月17日のソフトバンク戦で4点を失うなど、パ・リーグ全体を見えても、昨季に比べると抑え投手がやや打たれている印象。試合の勝利に直結するだけに、各球団の抑え投手の奮起に期待したいところだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西