ニュース

中田、吉川、有原 日ハムは広島にゆかりのある選手が多い?

無断転載禁止
日本ハムの中田翔
 22日に広島と日本ハムの日本シリーズが開幕した。初戦は、2桁安打を記録するも広島に敗れた日本ハム。今日も敵地マツダスタジアムで広島と対戦する。セ・リーグの覇者広島と対戦している日本ハムだが、実は広島にゆかりのある選手が多い。

 主砲の中田翔がそうだ。高校は大阪の大阪桐蔭高に進学したが、中学時代までは地元・広島の野球チームに所属していた。

 有原航平と吉川光夫は、広島・広陵高校出身。吉川は福岡県出身だが、高校は広陵に進学した。2年春から名門校の背番号「1」を背負った逸材。3年夏の広島県予選では、優勝候補に挙げられながら、井上晴哉(ロッテ)が在学していた崇徳高校に敗れ準決勝で敗退。吉川は在学中に、1度も甲子園に出場することができなかった。ちなみに、吉川の1学年下に最多勝、最高勝率のタイトルを獲得した野村祐輔(広島)がいる。

 有原は3年春の選抜高校野球に出場し、準決勝の日大三高に敗れベスト4。3年夏は2回戦の聖光学院戦で、歳内宏明(阪神)と投げ合い8回1失点と好投するも、敗戦投手となった。

 その他、日本シリーズの出場資格者名簿に入っていないが昨年のドラフト1位で明大から入団した上原健太が広陵高出身、4年目の宇佐美塁大が広島工出身だ。

 22日の試合では敗れた日本ハムだが、今日は地元・広島で良い所をみせたいところだ。

【広島にゆかりのある日本ハム選手】
中田 翔
有原航平
吉川光夫
上原健太
宇佐美塁大
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西