ニュース

日本ハム、4回に同点に追いつく 名手・菊池がまさかの適時失策

どん詰まりの打球を捕球できず…


 日本シリーズの第2戦(マツダスタジアム)が23日に行われ、第1戦を落としシリーズ初勝利を目指す日本ハムが、4回に1-1の同点に追いついた。

 日本ハムは0-1で迎えた4回、先頭の4番中田がこのシリーズ初安打となる左前打で出塁すると、一死後、6番田中は四球を選び一、二塁の好機を作った。

 7番陽が空振り三振に倒れ二死となると、8番大野も広島先発・野村のシュートに詰まらされバットが折れる二ゴロ。しかし、不規則な回転の打球に対し二塁・菊池はバウンドを合わせ捕球しに行ったが、この打球をうしろに逸らしてしまい、ボールは右前へ達した。

 この間に、二塁走者の中田が生還し1-1の同点。続く9番増井は三振に倒れたが、日本ハムは思わぬ形で試合を振り出しに戻した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西