コラム

ロッテ期待のドラ1・平沢大河 高卒ルーキーで開幕スタメンなるか?

無断転載禁止
開幕一軍を目指すロッテの平沢大河
 今年のキャンプで注目を集めている高卒ルーキーといえば楽天のドラフト1位・オコエ瑠偉だろう。14日の韓国・ハンファとの練習試合では「8番・センター」でスタメン出場し初安打初盗塁、犠飛で初打点とその大器の片鱗を見せつけた。

 そのオコエ同様、高卒ルーキーで期待が掛かるのはロッテのドラフト1位・平沢大河だ。13日の台湾・ラミゴとの練習試合では「8番・ショート」で出場するも3打数ノーヒットの結果に。しかし翌14日には6回にタイムリー三塁打を放つ活躍を見せ、開幕一軍に向けアピールした。

 高校生ドラフト1位、内野手、イケメン…。平沢の姿を見ているとある選手の姿が頭に浮かぶ。現在は阪神でプレーする西岡剛だ。くしくも平沢はロッテでは西岡以来となる、高校生野手のドラフト1位。1年目の春季キャンプも西岡と同じく一軍帯同となっている。

 その西岡はプロ1年目の2003年、わずか7試合の出場だったが9打数3安打1打点と少ない出場機会の中、結果を残した。すると翌年にはシーズン途中から一軍に定着。この年からスイッチヒッターに転向し、3年目の05年には大ブレークを果たすことになる。

 では平沢の場合はどうなるのか。ロッテは昨年まで不動のサードだった今江敏晃がFAで楽天へ移籍。セカンドを守っていたルイス・クルーズが巨人に入団と内野陣は手薄な状態となっている。そのため、オープン戦の結果次第では平沢が開幕スタメンに名を連ねる可能性が出てくる。少し話は早いが、もし平沢が開幕スタメンとなった場合、ロッテの新人では10年の荻野貴司以来、プロ野球の高卒新人では06年の西武・炭谷銀仁朗以来となる。

 昨夏の甲子園、平沢は仙台育英の3番打者として3本塁打を放ち準優勝に大きく貢献した。アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)にちなんで背番号13を背負うルーキー。開幕まで残り僅か。平沢には大きなチャンスそして、空いているポジションが、ある。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西