コラム

データで振り返る!メジャー日本人選手の2016年 ~ダルビッシュ有 編~

無断転載禁止
トミージョン手術からの復活を果たしたダルビッシュ有

ダルビッシュ有の2016年


 トミー・ジョン手術から見事な復活を果たし、17試合の登板で7勝を挙げたダルビッシュ有。復帰後は左腕コール・ハメルズとともにチームをア・リーグ西地区優勝に導いた。

 5月28日に1年9カ月ぶりの復活登板を果たすも、3試合に投げただけで右肩と首に違和感を発症。再復帰まで1カ月以上を要した。それでも、再復帰2戦目の7月22日から8月29日まで8試合連続でクオリティースタート(=QS/6イニング以上を投げて自責点3以下)を記録するなど安定した投球を続けた。


与四球の数がカギ


 今季は奪三振率(11.84)が故障前の通算(11.22)をわずかながら上回るなど、大手術明けながら球威はアップしていたようにも感じた。ストレートの平均球速も2014年の92.4マイル(約148.7キロ)が、今年は93.3マイル(151.1キロ)に上昇。打者への威圧感という点では故障前をしのいでいたと言えよう。

 球速アップと同時に、課題であった制球力の改善にも成功した。今年の四球率は2.78で、渡米後では自身初めてシーズン3.00を下回っている。これは来季に向けて非常に良い材料と言えるだろう。というのも、ダルビッシュの与四球の数と試合の勝敗は直結しているからだ。

 今季登板した17試合を“与四球の数”で分けて見てみよう。「3以上」と「2以下」で見ると、「3以上」は5試合あって0勝3敗、防御率6.66。制球難から崩れるというもろさを露呈している。

 その一方で、与四球を「2以下」に抑えた試合は12試合で7勝2敗。防御率も2.46とエース級の成績を残したのだ。

 ちなみに故障前の通算でも、「3以上」の時は41試合で18勝16敗、防御率4.38。「2以下」だと42試合で21勝9敗、防御率は2.29。四球を最小限に抑えることこそ、さらなる成績アップのカギとなるのだ。


走者を背負っても強かった


 与四球数が減少すれば、走者を背負った場面での投球機会も必然的に減少する。ただし、今季のダルビッシュは、その「走者あり」の状況で素晴らしい成績を残している。

 メジャー1年目から故障した14年まで、「走者あり」時の被打率は順に.238→.201→.216と大きく変わらないが、どれもリーグ平均よりもいい数字だった。しかし、復帰初年度の今季はこの数字を.162までさらに改善させたのだ。

 今季は「走者あり」の状況で179人の打者と対戦。この条件を上回る投手はメジャー全体で142人いたが、被打率を1割台に抑えたのはダルビッシュを含め6人だけ。2位のブラッド・ハンド(パドレス)は.176だが、3位から6位の4人はいずれも1割9分台だった。ダルビッシュの数字がいかに圧倒的だったか、お分かりいただけるだろう。

 現在は豪華メンバーで行っている自主トレを自身のinstagramで公開し、話題を集めている右腕。復帰2年目となる2017年は、さらなる飛躍を遂げることができるだろうか。

 そして来季こそ、ポストシーズンでの活躍にも期待したい。


▼ ダルビッシュ有

生年月日:1986年8月16日(30歳)
身長/体重:195センチ/99キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
経歴:東北高-日本ハム(04年D1)-レンジャーズ
[今季成績] 17試 7勝5敗 奪三振132 防御率3.41
[通算成績] 100試 46勝30敗 奪三振812 防御率3.29


文=八木遊(やぎ・ゆう)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西