ニュース

元ソフトB・斉藤氏、古巣の優勝に自身のブログで「おめでとうは日本一まで…」

 福岡ソフトバンクOB斉藤和巳氏が、古巣の優勝について自身のブログで綴った。

 現役時代、斉藤氏も2003年に20勝を挙げ、チームの優勝、日本一に貢献。名実ともに日本を代表する投手にまで登り詰めた。しかし、2008年以降は故障に泣かされ、昨年ファンに惜しまれながらユニフォームを脱いだ。

 引退後、初めてとなる古巣の優勝に「ホークスファンの方は、優勝までの期間は、なんとも言えへん日々を過ごされたんやないかと思う。色んな感情があったでしょう!? そんな中での優勝…」と優勝が決まるまで、モヤモヤしていたファンの思いを汲みつつ、「でも選手や…、監督コーチも含めた現場の人達は、常に一生懸命やった結果が、今回の優勝の“形”になったんです!それだけは理解してあげてほしい」と最後まで戦い抜いた仲間たちのことを思いやった。

 最後は、「心からの「おめでとう」は、日本一になった時までとっておきます。ホークスは常に、“No1”を求めて、求められてるチームやからね。それが伝統でもあるから…」と締めくくったかつての大エース。15日から始まるCSを勝ち抜き、日本一の栄冠を掴みとったとき、斉藤氏は何を綴るのだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西