ニュース

13勝は史上最少タイ…久保届かず、セ最多勝はメッセと山井が分けあう

 本日、10月7日をもって2014年シーズンのプロ野球レギュラーシーズンの全日程が終了した。終了に伴い、各個人タイトルが確定。混迷を極めたセントラル・リーグの最多勝は阪神のメッセンジャーと中日の山井大介が分けあう形となった。

 今日のヤクルト-DeNAの最終戦で、DeNA先発・久保康友が勝利すれば3人が13勝で並び、最多勝を3人が分けあうということになっていた。これは長いプロ野球の歴史の中でも4度しかなく、1998年以来16年ぶりの珍記録。結局久保は6回3失点で白星はつかず。キャリア初の最多勝には惜しくも届かず、珍記録もならなかった。

 最多勝を複数人で分けあうのは2011年以来3年ぶり24度目。また、15勝未満での最多勝決着というのは2001年の藤井秀悟(当時ヤクルト)以来13年ぶりのこと。さらに、13勝での最多勝は、日本野球連盟の黎明期である1936秋の沢村栄治と1998年の黒木、武田、西口(※下記参照)と並んで史上最も少ない勝ち数での最多勝ということになった。

 最多勝を複数人で分けあったという歴史は、下記の通り。

【複数人で最多勝を分けあった年】(☆は3人で分けあった年)
[1リーグ]

1937秋 <15勝> 

西村幸生(大阪)、スタルヒン(巨人)、野口明(セネタース)☆

1948 <27勝>

中尾碩志、川崎徳次(ともに巨人)

[2リーグ]

1954 <26勝>

宅和本司(南海)、田中文雄(近鉄)

1955 <30勝>

大友工(巨人)、長谷川良平(広島)

1972 <20勝>

山田久志(阪急)、金田留広(東映)

1974 <20勝>

松本幸行(中日)、金城基泰(広島)

1981 <19勝>

村田兆冶(ロッテ)、今井雄太郎(阪急)

1983 <18勝>

東尾修(西武)、山内和宏(南海)

1988 <18勝>

小野和幸(中日)、伊東昭光(ヤクルト)

1988 <15勝>

松浦宏明(日ハム)、渡辺久信(西武)、西崎幸広(日ハム)☆

1989 <20勝>

西本聖(中日)、斎藤雅樹(巨人)

1990 <18勝>

野茂英雄(近鉄)、渡辺久信(西武)

1993 <17勝>

山本昌(中日)、野村弘樹(横浜)、今中慎二(中日)☆

1993 <17勝>

野田浩司(オリックス)、野茂英雄(近鉄)

1996 <16勝>

斎藤雅樹、ガルべス(ともに巨人)

1997 <15勝>

西口文也(西武)、小池秀郎(近鉄)

1998 <13勝>

黒木智宏(ロッテ)、武田一浩(ダイエー)、西口文也(西武)☆

2002 <17勝>

上原浩治(巨人)、ホッジス(ヤクルト)

2005 <15勝>

下柳剛(阪神)、黒田博樹(広島)

2009 <16勝>

吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)

2010 <17勝>

和田毅(ソフトバンク)、金子千尋(オリックス)

2011 <18勝>

吉見一起(中日)、内海哲也(巨人)

2011 <19勝>

田中将大(楽天)、ホールトン(ソフトバンク)

2014 <13勝>←new!!

メッセンジャー(阪神)、山井大介(中日)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西