ニュース

選手の移籍より多い? 今オフのコーチ移籍一覧

無断転載禁止
8年ぶりにロッテのユニフォームに袖を通す小林雅英コーチ[Getty Images]
 オフといえば、FA宣言した成瀬善久と大引啓次のヤクルト移籍を始め、FAやトレードなどで他球団へ移籍する選手が多い。コーチ陣も、楽天で投手コーチを務めた佐藤義則コーチがソフトバンク、広島の二軍監督を務めた内田順三コーチが巨人へ移籍するなど、コーチ陣の移動が多いのも今オフの特徴だ。

 中でも、ソフトバンクと楽天は12球団で最も多い3人のコーチを他球団から招聘した。ソフトバンクのコーチに就任した佐藤義則、鈴木康友は、今季まで楽天でコーチを務め、楽天のコーチとなった笘篠誠治、吉田修司の両コーチは、今季までソフトバンクで指導。結果的に、コーチ同士のトレードのような形になっている。

 また、今季まで広島の二軍監督を務めた内田順三氏は、8年ぶりに巨人へ復帰。オリックスの二軍投手コーチだった小林雅英は、現役時代以来8年ぶりにロッテのユニフォームに袖を通すなど、古巣に復帰するケースも目立った。

 コーチ陣の移籍は下記の通り。

【コーチ移籍一覧】

ソフトバンク

佐藤義則(前楽天)
鈴木康友(前楽天)
田之上慶三郎(前日本ハム)

オリックス

佐藤真一(前ヤクルト)

日本ハム

城石憲之(前ヤクルト)

ロッテ

小林雅英(前オリックス)

楽天

橋上秀樹(前巨人)
笘篠誠治(前ソフトバンク)
吉田修司(前ソフトバンク)

巨人

内田順三(前広島)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西