ニュース 2015.02.10. 16:55

キャンプで存在感を放つ阪神ドラ3・江越 対外試合でアピールできるか?

 11日に行われる日本ハムとの練習試合に、阪神のルーキー江越大賀が「1番・中堅」で先発出場することが決まった。

 江越は駒沢大学からドラフト3位で阪神へ入団。江越が背負う『25』は駒沢大の先輩で、昨季まで阪神でプレーしていた新井貴浩(現広島)が付けていた番号。昨年12月に行われた新入団会見では「ファンの方には新井さんのイメージが強いと思うのですが、タイガースの25といえば江越と言ってもらえる日が来るように頑張りたい」と力強く宣言した。

 春季キャンプは、ルーキーでは投手の石崎剛とともに、一軍キャンプに選出。7日に行われた実戦形式のケース打撃で存在感を発揮した。第1打席で送りバントを成功させると、第2打席、第3打席ともに左の岩貞祐太から安打を放つ活躍ぶり。スタンドのファンからも「いいね」と声が飛ぶほどだった。

 勢いの止まらない江越は、9日のシート打撃では左の島本浩也から内角のストレートを弾丸ライナーでレフトスタンドに叩き込んだ。守備でも、シートノックで強肩を披露するなど、ここまでは即戦力ルーキーらしい働きぶりを見せている。

 本当の勝負はこれから始まる練習試合、オープン戦。特にオープン戦では、一軍投手レベルと対戦していく。その中で、どこまでプロの球に対応できるかが一軍生き残り、開幕スタメンに向けて大事になってくる。まずは、11日の日本ハムとの練習試合でどんなプレーをするのか注目だ。 

【江越大賀プロフィール】
生年月日:1993年3月12日生
ポジション:外野手
投/打:右投/右打
身長/体重:182センチ/83キロ
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西