ニュース

阪神がサムスンと練習試合 ルーキー・江越が4安打1打点で猛アピール!

春季キャンプ・練習試合
阪神 5 - 5 サムスン
<2月13日 宜野座>

 11日に行なった日本ハムとの練習試合から中1日、阪神が2度目の練習試合を行なった。相手は4年連続韓国リーグ王者のサムスン・ライオンズ。阪神のスターティング・ラインナップは以下の通り。

スタメン

1番(中)江越大賀
2番(指)大和
3番(二)上本博紀
4番(三)今成亮太
5番(一)陽川尚将
6番(左)伊藤隼太
7番(右)中谷将大
8番(捕)清水誉
9番(遊)北條史也
P 岩貞祐太

 この日も若手主体のメンバーで挑んだ阪神。ドラフト3位ルーキー・江越大賀が魅せた。

 日本ハム戦に続いて「1番・中堅」でスタメン出場した江越は、第1打席でセンター前への安打を放つと、第2打席でもレフトへの安打を記録。無死一三塁のチャンスで迎えた5回の第3打席でも、レフトへ運んで反撃の狼煙を上げる適時打を放つなど、5打数4安打1打点の大暴れ。首脳陣に大きくアピールした。

 しかし、試合の方は先発の岩貞が2回に捕まる。無死から3連打を浴びて満塁のピンチを招き、続く打者を内野ゴロ併殺に打ち取る間にランナーの生還を許すと、打順返って1番打者に2ランを浴び、あっという間の3失点。

 結局、岩貞は3回を投げて5安打、2奪三振で3失点の内容。出遅れながらも昨シーズン終盤にデビューし、2年目の飛躍へ期待がかかる左腕だったが、苦しい船出となってしまった。

 その後も4番手の歳内が7回、8回と1点ずつ失い、3点ビハインドで迎えた9回、若虎たちが執念の粘りを見せる。先頭の上本が安打で出塁し、今成が四球を選ぶと、代打・梅野隆太郎がセンターへ弾き返して1点を返す。その後、伊藤隼と中谷が倒れるも、二死から途中出場の荒木郁也が右中間を破る適時二塁打を放ち、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 なおも二死二塁でサヨナラのチャンスではあったが、続く北條は三振に倒れて試合終了。阪神が驚異の粘りで最後の最後に引き分けをもぎ取った。

 なお、一軍キャンプに抜擢され、期待を受けていた大卒2年目内野手・陽川尚将が、一塁線を襲った強いゴロに対して飛び込んだ際に負傷。そのまま途中交代となっている。

試合結果

サ|030 000 110|5
神|000 020 003|5
[投手]
・岩貞 3回5安打2奪三振3失点
・秋山 2回1安打1奪三振無失点
・桑原 1回1安打2奪三振無失点
・歳内 2回5安打1奪三振2失点
・山本 1回1安打無失点
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西