ニュース

○○のダルビッシュ、○○二世と呼ばれた選手たちはプロ入り後どうなった?

無断転載禁止
ダルビッシュ有はレンジャーズで活躍している [Getty Images]
 プロ入りするときに、○○のダルビッシュ、○○二世という触れ込みでプロ入りする選手が多い。そこで、プロ入り後、○○のダルビッシュ、○○二世と呼ばれる選手たちがどのような成績を残しているのか振り返っていきたい。

 近年、よく聞くのが○○のダルビッシュ。身長が高い投手に、○○のダルビッシュと呼ばれることが多い。『下町のダルビッシュ』こと足立学園高の吉本祥二(現ソフトバンク)、『房総のダルビッシュ』こと千葉国際高の相内誠(現西武)、『埼玉のダルビッシュ』こと春日部共栄高の中村勝(現日本ハム)などがいた。二刀流の大谷翔平も花巻東高時代に『東北(みちのく)のダルビッシュ』と呼ばれていた。

 ○○のダルビッシュは、現時点では本家を超えている選手は誰もいないといってもいだろう。ただ、大谷は、2年目の昨季日本球界初となる二桁勝利と二桁本塁打を達成するなど、『みちのくのダルビッシュ』と呼ばれていたことを忘れるくらいの活躍を見せている。将来はダルビッシュと同じくらいの活躍に期待がもてそうだ。

 野手では○○のイチローが多い。鹿児島工高時代に『薩摩のイチロー』と呼ばれていた川崎宗則(現ブルージェイズマイナー)、前橋商高時代に『上州のイチロー』と呼ばれていた駿太(現オリックス)などがいる。

 川崎は本家に成績は劣るが、WBCや五輪の日本代表に選出されるなど、球界を代表する遊撃手に成長。11年オフには海外FA権を行使して、川崎の憧れるイチローと同じメジャーに活躍の舞台を移している。

 また、○○二世という触れ込みで入団する選手もいる。ストレートが速い本格派投手は、一時期松坂二世と呼ばれることが多かった。その代表格は、01年の夏の甲子園大会で当時最速となる154キロを計測した日南学園高の寺原隼人(現ソフトバンク)だろう。

 寺原はプロ入り後、横浜時代とオリックス時代に二桁勝利を記録している。だが、プロ入り当時、相当な期待を受けて入団したことを考えると、少し物足りない印象。今季は9年ぶりに日本球界に復帰した本家・松坂大輔と同じソフトバンクでプレーする。

 ○○のダルビッシュ、○○二世と呼ばれた選手たちのプロ入り後の成績は以下の通り

主な○○のダルビッシュ、○○二世と呼ばれた選手たちのプロ入り後の成績

本家:ダルビッシュ有
NPB通算:試167 93勝38敗0S 防1.99
MLB通算:試83 39勝25敗0S 防3.27

●中村勝
通算:試45 12勝11敗0S 防3.71

●吉本祥二
通算:一軍登板なし

●相内誠
通算:試2 0勝2敗0S 防14.54

●大谷翔平
投手通算:試37 14勝4敗0S 防3.07
打者通算:試164 率.257 本13 点51

本家:イチロー
NPB通算:試951 率.353 本118 点529
MLB通算:試2204 率.317 本112 点717

●川崎宗則
NPB通算:試1145 率.294 本27 点369
MLB通算:試239 率.235 本1 点48

●駿太
通算:試306 率.227 本8 点43

本家:松坂大輔
NPB通算:試204 108勝60敗1S 防2.95
MLB通算:試158 56勝43敗1S 防4.45

●寺原隼人
通算:試219 60勝74敗23S 防3.90
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西