ニュース

最下位・中日に2連敗の阪神は勝負弱いのか?

 イマイチ波に乗れない阪神。4日のDeNA戦に勝利し、首位に再浮上。2連勝と勢いに乗り、最下位中日との3連戦を迎えた。

 最低でも2勝1敗で勝ち越したいところだったが、6連勝中の倉敷、9連勝中の甲子園でまさかの2連敗。倉敷で行われた7日の試合では、2回にマートンの走塁ミス、3回には大和が送りバントの失敗と、不安定だった中日の先発・若松駿太を助けてしまう形になった。

 序盤のチャンスで得点できなかった阪神は、自分たちのペースで試合を運ぶことができず、7回に中日に先制を許すと、8回に2点を失う。打線も8安打放ちながら得点を奪えず完封負け。首位・巨人と入れ替わり2位に後退した。

 9連勝中の甲子園に戻った8日の試合では初回に、先発の能見篤史がルナに2ランを浴び先制を許すと、6回にも3点を失い、5点を追う苦しい展開。打線も苦手とする中日の先発・大野から得点するのは難しく、7回にマートンのソロ本塁打による1点が限界だった。リーグ優勝を目指す上で、取りこぼしてはいけない最下位の中日に連敗したのは痛い。

 近年、勝負弱いと言われる阪神だが、中日3連戦の2試合を消化した時点で、その兆候が見え始めている。セ・リーグ全体が低迷していることもあり、この2連敗はあまり目立たないが、2位にいることを考えれば、シーズンが終わったときにあの時の連敗が…となる可能性もありえる。そうならないようにするためにも9日の試合に勝利し、10日から始まる敵地での巨人との3連戦に臨みたいところだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西