ニュース

引退試合に向けて最後のブルペン調整 高橋尚「良い感じで投げる事ができた」

無断転載禁止
メッツ時代の高橋尚成[Getty Images]
 今季限りで現役引退するDeNAの高橋尚成が30日、自身のブログを更新。「10月2日の最終登板に向けて最後のブルペン調整しました!!」と報告した。

 高橋尚は「球数47球。いつものブルペン調整と同じく、キャッチャーも同じく藤田コーチが受けてくれました」と引退に向けて普段通り調整を行っているようだ。

 一方で引退が迫っているということもあり「長浦で最後のブルペンと思うと…」と寂しさも感じている。「でも良い感じで投げる事が出来ました」とした。

 高橋尚は99年ドラフト1位で巨人に入団。1年目から先発ローテーションに入り9勝をマーク。07年には最優秀防御率のタイトルを獲得し、リーグ優勝に貢献。10年からはメジャーでプレーし、メッツ、エンゼルスなどで活躍。14年からDeNAに移籍するも、ここまで1勝も挙げられずにいた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西