ニュース

ワールドシリーズ第2戦は“ロン毛対決”!前日会見でも話題に…

無断転載禁止
ワールドシリーズ第2戦の裏テーマは“ロン毛対決”!?[Getty Images]
 現地時間10月27日に幕を開けたMLBのワールドシリーズ。メッツとロイヤルズによる頂上決戦、第1戦はホームのロイヤルズが延長14回の死闘をサヨナラで制し、1勝目を挙げた。

 ロイヤルズがリードして迎える第2戦は、両先発の“髪型”の注目が集まっている。

 両監督が明かした第2戦の先発投手は、メッツがジェーコブ・デグローム、ロイヤルズがジョニー・クエト。共に特徴的なロングヘアーが目を引く2人である。

 デグロームはデビューイヤーの昨年22試合に先発して9勝6敗、防御率2.69という好成績を残し、ナ・リーグの新人王に輝いた右腕。今シーズンは先発の軸として14勝8敗、防御率は2.54とさらに進化を見せた。

 チームでも屈指のイケメンであり、ふわっとウェーブがかかったロングヘアーを揺らしながら投げ込む剛速球で多くの女性ファンを魅了。完全アウェーの敵地でもその美しい投球を披露することができるだろうか。

 一方のクエトも、実力は折り紙付き。昨年はレッズで20勝9敗、防御率2.25という好成績をマーク。242奪三振はクレイトン・カーショー(ドジャース)を抑えてリーグトップの数字を叩き出したという好投手だ。

 クエトの特徴は、背番号をも覆ってしまう勢いで伸びたドレッドヘアー。ドレッドは早くからトレードマーク的なものとなっていたが、2012年頃から徐々に長さも伸び始め、現在の長さまで行きついた。

 なお、現地でもこの“ロン毛”対決には関心が集まっており、前日会見ではある記者からデグロームへ「あなたとクエト、どっちのヘアースタイルの方がイケてると思いますか?」なる質問が飛んだ。

 デグロームは「それはわからないなぁ」と笑ったが、「僕はシーズンが終わったら髪を切ろうと思っているんだ」と突然の衝撃発言。「イライラすることがあるから切るつもりなんだ。だから、イケてるのは彼(クエト)の方ということになるかな」と最後まで笑顔で答えていた。

 もう見納めになってしまうかもしれない、ロン毛の頂上決戦!?ワールドシリーズ第2戦は現地時間10月28日の午後8時(日本時間10月29日午前9時7分頃)、ロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムでプレイボール。

ジェーコブ・デグローム(メッツ)

デグローム ,
・出身:アメリカ
・右投/左打
・メジャー2年目 / 27歳
[今季成績]
30試合・30先発
191回 14勝 8敗 防御率2.54 
WHIP0.98 奪三振205 被打率.215


ジョニー・クエト(ロイヤルズ)

クエト ,
・出身:ドミニカ共和国
・右投/右打
・メジャー8年目 / 29歳
[今季成績]
32試合・32先発
212回 11勝 13敗 防御率3.44 
WHIP1.13 奪三振176 被打率.242
(※ここでの成績は移籍前後を合算したもの)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西