ニュース 2015.12.11. 06:00

バーネット、ヒース…阪神の守護神は誰が務める?

無断転載禁止
ヤクルトで今季守護神を務めたバーネット [BASEBALLKING]
 阪神はメジャー挑戦を目指していた呉昇桓との交渉が厳しい状況となり、代役の守護神を探さなければならなくなった。現在、バーネット(前ヤクルト)、ヒース(前広島)が抑え候補としてリストアップされている。

 バーネットは14年ぶりにリーグ優勝したヤクルトの守護神として、41セーブをマーク。呉昇桓とともに、最多セーブのタイトルを獲得した。ただ、メジャー挑戦を目指すため8日に自由契約選手として公示されたが、レンジャーズに移籍が決まった。これで、バーネットの阪神移籍は消滅。

 ヒースは、春先広島で守護神を務めていたが、不安定な投球を続けたため、中継ぎに配置転換。抑えでは力を発揮できなかったが、終わって見れば43試合に登板して、3勝6敗4S、防御率2.36とまずまずの成績を残している。

 さらに、マエストリの名前も挙がっている。オリックス時代に守護神の経験がなく、抑え候補としては物足りない。抑え候補が最優先事項ということを考えれば、獲得するかどうかは微妙だ。ただ先発投手が序盤で崩れた後に、試合を立て直すロングリリーフに苦労しており、必要な存在といえるだろう。

 また、新守護神候補の獲得に動き出しているが、4年ぶりに復帰が決まった藤川球児もいる。金本知憲新監督は、先発での起用を示唆しているが、藤川はプレッシャーのかかる抑えのポジションを長年務めた経験がある。新守護神候補が見つからなかった場合、“守護神・藤川”も選択肢の1つに入れても良いだろう。

 阪神は新守護神を探さなければならないが、勝ちパターンの福原忍、安藤優也の2人を除くと、信頼のできるリリーフ陣が少ない。リリーフ陣に多くの課題を抱えており、まずは信頼できる抑え候補の投手をしっかりと獲得したい。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西