ニュース

多和田、野田、南川 西武のルーキー3投手が敵地・QVCマリンで登板!

 西武のドラフト1位ルーキー・多和田真三郎が19日、敵地QVCマリンで行われたロッテとの二軍戦に先発登板した。

 多和田は初回、先頭の荻野貴司にライト前ヒットを浴びると、続く三木亮の打席で、荻野に盗塁を決められ、いきなり得点圏に走者を背負う。それでも、三木を投ゴロ、3番ナバーロを低めの変化球で空振り三振を奪い二死までこぎつける。しかし、一軍の試合にも出場する井上晴哉にセンター前タイムリーを浴び先制を許した。

 2回は無失点に抑えたものの、3回は一死後、ヒットと2つの四球で満塁とされると、大松尚逸に適時打、続く根元俊一に犠飛を浴び2失点。結局、多和田は4回、6被安打、3四死球という投球内容だった。

 多和田の後を受けて5回からマウンドに上がったのが、同じく昨年のドラフトで3位入団した野田昇吾。野田は2番から始まる好打順も、三木を二ゴロ、ナバーロを二飛、井上を遊ゴロ。右打者3人をわずか10球で片づけ存在感を見せた。

 さらに同点の7回二死三塁から、ドラフト5位ルーキーの南川忠亮が登板。打席には、新助っ人のナバーロ。一打でれば勝ち越しを許すピンチだったが、わずか1球でサードゴロに打ち取り無失点に抑えた。

 多和田、野田、南川は春季キャンプから二軍で汗を流している。二軍でQVCマリンでの登板となったが、次回は一軍の舞台で敵地のマウンドに上がりたいところだ。

【多和田、野田、南川3投手の投球内容】
多和田真三郎
4回 6被安打 3四死球 3失点

野田昇吾
1回 0被安打 0四死球 0失点

南川忠亮
0回1/3 0被安打 0四死球 0失点 
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西