ニュース 2016.05.26. 21:10

巨人、今季ワースト5連敗で貯金消滅 6回3失点の大竹が初黒星

無断転載禁止
1回、広島・菊池(左)に本塁打を浴びた巨人・大竹寛=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
○ 広島 3 - 2 巨人 ●
<11回戦・マツダスタジアム>

 広島が首位攻防戦に3連勝し、今季最多の貯金「7」。一方の巨人は接戦を落とし、5連敗で勝率5割へ逆戻りとなった。

 巨人は初回、一死から2番重信が三塁打を放つと、続く坂本が右前適時打を放ち先制。1-2の6回も重信の三塁打を口火に一死二、三塁の好機を作ると、4番グルーズが同点犠飛を左翼へ運んだ。

 しかし、7回以降は広島救援陣から得点を奪えずゼロ行進。この日も打線が迫力を欠き、投手陣を援護できなかった。

 今季初登板初先発となった大竹もピリッとせず、2回までに2本のソロ被弾。2-2の6回は3四球で一死満塁のピンチを作ったあと、7番安部に決勝犠飛を許した。

 大竹は6回3失点で今季初黒星。巨人はこの日も投打が噛み合わず、首位・広島とのゲーム差が一気に3.5へ広がった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西