ニュース

ノムさん、決勝点を呼び込んだ大谷の代打準備に「こういう手はよく使う」

無断転載禁止
日本ハムの大谷翔平
 29日、『S☆1』(TBS系)に生出演した野村克也氏が、広島対日本ハムの日本シリーズ第6戦を解説した。

 日本ハム3勝、広島2勝で迎えた第6戦は、4-4で迎えた8回、日本ハムが二死から3連打で満塁のチャンスを作り打席には4番の中田翔。すると、ネクストバッターボックスに大谷翔平が現れる。大谷が気になったのか広島のセットアッパー・ジャクソンはストライクが入らず。結局、中田は押し出し四球を選び、日本ハムが勝ち越しに成功した。

 この場面に野村氏は「大谷の脅かしが効いたんですかね?相手のバッテリーを揺さぶるという意味で、こういう手はよく使う」と解説。同じく生出演していた槙原寛己氏は「次のバッターまで気になってしまう。非常にプレッシャーになったと思います」と分析した。

 なお、満塁のチャンスは続いたが、大谷は代打で出場せず。そのまま打席に入ったバースがタイムリーを放ちリードを広げると、続くレアードが満塁本塁打を放ち試合を決めた。

 この回、6点を奪ったリードを守り切り日本ハムは10年ぶり3度目の日本一を達成した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西