コラム

球界最高 vs 球界最速!CS開幕戦は金子千尋と大谷翔平の初対決だ

無断転載禁止
CSファーストステージ初戦で先発投手として初対決が予想される日本ハム大谷とオリックス金子© KYODO NEWS IMAGES INC

予測不能の短期決戦 単純に大舞台を楽しむべし


 今週10月11日、ついに両リーグのCSファーストステージが開幕する。パ・リーグの出場チームは2位オリックスと3位日本ハム。レギュラーシーズンこそオリックスが6ゲーム差をつけているものの(10月5日終了時点)、今シーズンの対戦成績は12勝12敗と全くの五分である。

 ただ、オリックスは、クローザー・平野佳寿の突然の乱調もありシーズン終盤に失速。9月以降の成績に限って見れば、14勝13敗と勝ち越した日本ハムに対し、オリックスは12勝15敗。さらに直接対決は日本ハムの2連勝中だ。勢いという意味では、日本ハムに分があるという見方もある。

 しかし、開催球場はオリックスが勝率.632を誇る本拠地・京セラドームだ。ならば、やはりオリックスが優位なのか……。CSは短期決戦ということもあり、その展開を予測するのは非常に困難。もはや、あれやこれやと予想するのではなく、単純にビッグイベントを楽しむべきかもしれない。


成長著しい2年目の二刀流に 球界のエースが貫禄を見せつけるか


 その楽しみをさらに助長する存在がある。日本ハムの大谷翔平だ。2年目の今季は2桁勝利、2桁本塁打という離れ業をやってのけ、“二刀流”を批判する外野の声を黙らせてみせた。しかも、防御率2.61は堂々のリーグ3位、11勝はリーグ5位である。ともにチーム1位の数字であり、2年目にして名実ともに日本ハムのエースに上り詰めた。

 栗山英樹監督は、CS開幕戦の先発に大谷の起用を示唆している。レギュラーシーズン最後の登板となった10月5日の楽天戦では、2イニング限定の登板ではあったものの、球速162キロを連発するなど体調は万全。最高の状態で初のCSのマウンドに立つ。

 ただ、もちろんオリックスも大エースをぶつけてくる。大谷に対するのは金子千尋だろう。今オフFA市場の目玉は、現在投手3冠。両リーグ通じて唯一の防御率1点台をたたき出すなど、間違いなく現在のNPB最高の投手である。

 多彩な変化球を偏りなく投げ分け、しかも全てが一級品。おまけにそれらの変化球とストレートと腕の振りが同じとあれば、並の打者では手が出ない。ただ、その金子を打者・大谷はとらえている。2年間の通算対戦成績は9打数5安打1本塁打。マウンドではクールな金子といえど面白いわけがない。静かに闘志を燃やしているはずだ。

 しかも、先発投手としての二人の対戦は過去にない。球界最高の投手と、球界最速の投手。二人の初対戦にふさわしい大舞台の準備が整った。

文=清家茂樹(せいけ・しげき)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西