ニュース

中日のルーキー友永と井領がアピール ドラ6の井領はマルチ安打

 中日は14日、韓国のサムスン・ライオンズと今キャンプ初めて練習試合を行い、ルーキー5人が出場した。

 その中でもアピールしたのが『2番・右翼』で出場したドラフト3位の友永翔太と、『3番・左翼』で出場したドラフト6位の井領雅貴の2人。友永は最初の2打席は打ち取られたが、6回の第3打席に左のチョ・ヒョングンから中安を放つと、すかさず二塁へ盗塁も決めた。守備でも、8回にセンター後方に襲う打球を倒れ込みながらキャッチするなど走攻守、全てでレベルの高さを見せつけた。

 井領も4回の第2打席、元オリックスのフィガロからセンター前へ弾き返す安打。得点に結びつけなかったが、二塁へ盗塁も決めた。続く6回の第3打席では、レフトへきっちりと犠牲フライを放ち打点をマーク。さらに8回の第4打席では俊足を飛ばしてショートへ内野安打と、2安打1打点1盗塁と存在感を発揮した。

 一方で『6番・二塁』で先発したドラフト4位の石川駿、『7番・遊撃』で先発したドラフト7位の遠藤一星、7回からマスクを被ったドラフト5位の加藤匠馬は無安打。石川と遠藤の2人は、途中出場した二遊間のライバル亀沢恭平、三ツ俣大樹が安打を放っただけに、1本打っておきたかったところだろう。

 練習試合がスタートし、これからは結果が求められる。開幕一軍を掴むためにも、ルーキーたちは今後もアピールが重要になってくる。

ルーキーたちの打撃詳細

●友永翔太
『2番・右翼』で先発出場
4打数1安打1盗塁
*4回の守備から中堅にポジションを移す

●井領雅貴
『3番・左翼』で先発出場
3打数2安打1打点1盗塁
*4回の守備から右翼にポジションを移す

●石川駿
『6番・二塁』で先発出場
3打数0安打
*8回の守備から三ツ俣大樹と交代

●遠藤一星
『7番・遊撃』で先発出場
2打数0安打
*7回の守備から亀沢恭平と交代

●加藤匠馬
7回の守備から捕手で途中出場
2打数0安打
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西