ニュース 2024.01.17. 18:00

オリックス、「16」の貯金が退団も…不安よりも期待の方が大きい先発陣

無断転載禁止
オリックス・宮城 (C)Kyodo News
 リーグ4連覇を目指すオリックスは今オフ、昨季16勝6敗のエース・山本由伸がポスティングシステムを利用してドジャースへ移籍し、昨季11勝5敗だった山﨑福也がFA権を行使して日本ハムへ移籍した。2人で27勝11敗、貯金「16」をつくった投手たちの退団は本来であれば大きな痛手だが、それを感じさせないだけの投手力を持っているのが今のオリックスだ。

 3年連続で2桁勝利を挙げる宮城大弥をはじめ、昨季9勝を挙げ新人王に輝いた山下舜平大、昨季は6勝にとどまったものの、22年に9勝を挙げた田嶋大樹、22年のプロ入り初勝利から無傷の7勝0敗の東晃平がいる。彼らは20代で伸びしろがあり、まだ成長途中の投手たち。今季高卒5年目の宮城はすでにエース格となっており、4年目の山下は故障さえなければ、投手タイトルを獲得しそうなポテンシャルを持っている。昨季からどれだけ成長した姿を見せてくれるのか非常に期待だ。

 そこに先発候補として昨季までロッテでプレーしていたルイス・カスティーヨ、昨季マイナーで8勝を挙げたアンダーソン・エスピノーザを補強。カスティーヨはロッテ時代の昨季、12試合・49回を投げて、3勝3敗1ホールド、防御率3.12だったが、オールスター明けは7試合・35回2/3を投げ、2勝1敗、防御率1.77と抜群の安定感を誇った。先発で1年間投げた時に、どんな投球を見せるか楽しみな投手ではある。

 プロ1年目の昨季プロ初勝利までに時間がかかったが、昨季10月9日のソフトバンク戦で6回を無失点に抑えプロ初勝利を挙げた曽谷龍平、ルーキーイヤーの昨季二軍で11試合に登板して1勝2敗、防御率2.25の成績を残しシーズン最終盤にプロ初登板を経験した齋藤響介、現在は育成選手だが椋木蓮はプロ1年目の22年7月20日の日本ハム戦で9回二死までノーヒットピッチングを見せるなど、同年4試合・17回2/3を投げ2勝1敗、防御率1.02という成績を残した。椋木は22年9月にトミー・ジョン手術を受け、現在は育成選手だが、本格復帰となれば期待感のある存在だ。

 山本、山﨑の穴を層の厚い投手陣で、なんとか埋めることができそうだ。逆に言えば、2人が退団したことで、宮城、山下、東に続く新星が先発陣に現れるかもしれないという期待感もある。それだけ、オリックスの投手陣は充実している。

【PR】オリックス・バファローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

今季リーグ4連覇と日本一奪還を目指すオリックス。エースの山本由伸が抜けた穴を埋めるのは宮城大弥か山下舜平大か先発陣の活躍に注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成