ニュース

開幕直前企画!占星術師に聞きました…「今季のセ・リーグ順位予想」

無断転載禁止
セ・リーグNo1の運気はラミレス監督!
 プロ野球のシーズン開幕前は、野球評論家がこぞって順位予想を行いますが、戦力から見た2015年の最終順位は、多くの評論家の予想を覆したものも多くなりました。そして、チームを率いる監督の力量は、試合の勝敗を決定づけることがあり、監督の人柄や方針はチームカラーに反映されます。

 そこで、「この監督はどんな資質を持っているのか?」、「2016年は、その監督の力量を発揮できる年になるのか?」。この2つを、占星術師の千草友紀子さんが“西洋占星術”で見て、そこからセ・リーグの順位予想を行いました。野球評論家と違う切り口での順位予想を、お楽しみください。


<2016年セ・リーグ 監督の運気>



 1位:アレックス・ラミレス監督(横浜DeNAベイスターズ)

ラミレス監督を一言で表現すると『優秀なメンター』

 ラミレス監督は、人の適性を見抜く力があるので、今年ブレークする選手を見出すことができそうです。選手にやる気を起こさせる天性の才能があります。楽観的で小さなことにこだわらない所があるので、ピリッと引き締めてくれるコーチの存在があると、好不調の波を小さくできます。

2016年のラミレス監督は『セ・リーグNo1の運気!』

 特に9月から運気の追い風が強まります。この時期に優勝を狙える位置にいれば一気に順位を上げる可能性を秘めています。前半にゲーム差を離されないようにしたいです。ラミレス監督は、公表している情報が正しければ今シーズンは期待できます!


 2位:真中満監督(ヤクルトスワローズ)

真中監督を一言で表現すると『愛嬌のある奥ゆかしいリーダー』

 真中監督は、勉強家でリーダーとしての哲学を持っています。組織の動かし方を分かっています。引き立て運があるので、周囲と調和をしながら、自分がやりやすい環境を作っていくことができます。愛嬌があり、人付き合いはいいですが、どこか本音を出さない部分がありそうです。

2016年の監督は『白が黒、黒が白になる年』

 2016年は、吉凶混合です。順調であれば落とし穴があり、反対にピンチがチャンスになるという両極端な運勢です。シーズン前半を無事乗り切れれば、後半は明るい展望が開けそうです。


 3位:谷繁元信監督(中日ドラゴンズ)

谷繁監督を一言で表現すると『球界の棋士』

 谷繁監督は、非常にクレバーで常に一歩先を読んでいます。また技術的な知識も豊富です。適性を見抜く力もあるので、思い切ったコンバートは大いに期待ができます。人生傾向としては、自分の意思に反して、大きな転換をせざるを得ない出来事に遭遇します。

2016年の谷繁監督は『手枷足枷が外れてくる』

 2016年は、周囲からプレッシャーを感じるものの、本来持っている能力や手腕を発揮しやすくなってきます。監督自身が動きやすくなるので、選手へ自分の意図することが伝わりやすく、求心力も増してくるでしょう。

 4位:金本知憲監督(阪神タイガース)

金本監督を一言で表現すると『神輿に乗せたい人』

 金本監督の一生懸命さは、周囲の人に「監督の為に一肌脱ぎたい!」という気持ちにさせます。「努力我慢は当たり前」という禁欲的な部分と、「純粋でお人好し」という、愛されキャラの2面性があります。

2016年の金本監督は『チーム力づくり』

 思い通りに行かないこともあり、想定外のことも起こりそうです。2016年は種蒔きの時期なので、結果よりも過程を大事にしていくことが、翌年以降の飛躍へと繋がります。長期的視点でチーム作りができれば、急がば回れで結果が早くでるかもしれません。

 5位:高橋由伸監督(読売ジャイアンツ)

高橋監督を一言で表現すると『昭和のスポ根物語の主人公』

 高橋監督は、自分を厳しく律することができるタイプです。出生の星の配置にもの凄い緊張感がありますが、生まれ持ったものなので、本人はそれ程大変だとは思っていないかもしれません。

2016年の高橋監督は『破壊の先に再生あり!』

 2016年は、野球に集中しにくい状況に悩まされそうです。停滞感があり壁が立ちはだかっています。7月までに大きく方針を変え、一から組織や慣例を作り直すことができれば、9月から手ごたえを感じることができそうです。しかし今までのやり方の延長では、壁を壊すことは難しく、下位に低迷してしまう可能性があります。

 6位:緒方孝市監督(広島東洋カープ)

緒方監督を一言で表現すると『独自の世界観を持つ一徹な人』

 緒方監督は、独自の理論や考えを持っています。全体像を把握するよりも、他の人が見逃すような細部に関心がいくので、監督というマネジメントよりもスペシャリストのコーチの方がどちらかと言うと適性があります。技術指導には素晴らしい手腕を発揮します。

2016年の緒方監督は『一人で霧を晴らすことができない』

 2016年は自分のやり方が通用しにくく、行き詰まりを感じやすいです。閉塞感を打開するために、動き過ぎて肝心なところで考え込んでしまう傾向があります。一人で抱え込まず、コーチ陣と伴に事に当たることができれば、新たな方向性が生まれます。


ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西