ニュース

斉藤和巳が京セラDでキャッチボール「またボールを投げたいな!」

 現役時代ダイエー(現ソフトバンク)のエースとして活躍した斉藤和巳氏が24日、自身のブログを更新した。

 斎藤氏は、優勝が決まる前の京セラドームで、ソフトバンクのバッティングピッチャーを務める松本輝のキャッチボール相手がいなかったことからキャッチボールを行った事をファンに向けて報告している。

 かなり久しぶりに投げたそうで、「キャッチボールくらいならできることが確認出来た(笑)!」と斎藤氏がキャッチボールした笑顔の写真もあわせて掲載。「楽しくて!嬉しかったです!キャッチボールでも良いから、またボールを投げたいな!」と現役を引退してもなお野球に対する情熱は熱いようだ。

 斎藤氏は現役時代、2003年に20勝を挙げ、チームの優勝、日本一に貢献。名実ともに日本を代表する投手にのぼり詰めた。しかし、2008年以降は右肩の故障に泣かされ、2013年にファンに惜しまれながらユニフォームを脱いだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西