ニュース 2016.02.25. 16:00

楽天初の日本一に貢献…アンドリュー・ジョーンズが現役引退を発表

日本のファンからも愛されていたアンドリュー・ジョーンズ
 2013年、東北が大いに沸いた楽天の日本一。今でも記憶に新しい球団創設9年目の歓喜に大きく貢献した助っ人が、引退を決断した。

 アンドリュー・ジョーンズは現地時間24日(日本時間25日)、自身の口から現役引退を発表。メジャーデビューから20年目のこのタイミングで、選手生活にピリオドを打ったことを『FOX Sports』など複数のアメリカメディアが報じている。


 ジョーンズといえば、メジャーでオールスター出場5度を誇るスーパースター。1998年から2007年までは10年連続でゴールド・グラブ賞に輝き、2005年と2006年には2年連続で40本塁打・100打点を記録するなど、メジャーでも屈指の外野手として活躍した。

 2013年からは日本の楽天でプレー。ケーシー・マギーとのコンビは他球団の脅威となり、チームの初優勝に貢献。巨人との日本シリーズでも第4戦で3ランを放ち、ワールドシリーズと日本シリーズで本塁打を放った史上4人目の選手となるなど、チームを創設9年目での日本一に導く活躍を見せた。

 2014年に楽天を退団すると、3年ぶりのメジャー復帰をめざしたが、契約を結ぶことは出来ず。トレーニングを続けながら、2015年オフの「プレミア12」にはオランダ代表として出場していた。

 自身のメジャーデビューから20年目の節目を迎える今年は、かつて所属していたブレーブスから特別コーチの要請を受け、キャンプ期間中は若手の指導にあたっていた。そしてこの度、ブレーブスより球団殿堂入りの打診を受け、ここで自身のキャリアに幕を下ろすことを決断。キャンプ地のフロリダ州レイクブエナビスタにて、自身の口から引退を発表した。

 日米で愛されたスーパースターは、ここからどんな人生を歩むのか。いつか再び日本で見られることを楽しみにしながら、今後の歩みに注目したい。


▼ アンドリュー・ジョーンズ
生年月日:1977年4月23日(39歳)
経歴:ブレーブス-ドジャース-レンジャーズ-ホワイトソックス-ヤンキース-楽天
ポジション:外野手
投打:右投右打
[NPB通算] 281試 率.232 本50 点165 出塁率.392 長打率.441 OPS.833
[MLB通算] 2196試 率.254 本434 点1289 出塁率.337 長打率.486 OPS.823

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 57 37 2 -
2 巨人 46 44 3 9
3 DeNA 47 47 3 1
4 中日 42 52 3 5
5 阪神 41 53 3 1
6 ヤクルト 42 55 1 0.5
順位チーム
1 ソフトバンク 59 28 5 -
2 日本ハム 56 35 1 5
3 ロッテ 51 42 1 6
4 楽天 37 50 2 11
5 西武 38 55 2 2
6 オリックス 36 54 0 0.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ