ニュース 2016.03.24. 06:30

“対戦成績”で見る開幕戦  甲子園ではなく京セラDで戦う「阪神-中日」

◆ 3月25日(金)セ・パ一斉開幕!

 プロ野球2016年シーズンの開幕まで、残り1日となった。「143試合のうちの、たかが1試合」にあらず。開幕戦は、新シーズンを占う重要な一戦になる。

 京セラドーム大阪で行われる阪神対中日戦は、昨年の開幕カードと同じ顔合わせ。昨季の開幕3連戦は、阪神が中日に3連勝。そのうち2試合がサヨナラ勝ちと、劇的な勝利を飾った。

 阪神と中日の対戦。果たして2016年の初陣を飾るのはどちらになるのか。両チームの対戦成績を振り返りながら見ていきたい。


◆ 中日が京セラDでの阪神戦11連敗中

 阪神と中日、両者の直近3年間における直接対決の戦績は以下のようになる。

2015年:阪神 16 - 9 中日
2014年:阪神 12(1)11 中日
2013年:阪神 12(1)11 中日
―――
合計:阪神 40(2)31 中日

 13年と14年は互角の戦いを演じていた中日だが、昨季阪神に7つの負け越しを作る苦手球団となってしまった。

 特に京セラドーム大阪の阪神戦に限っては、2014年4月1日の白星を最後に11連敗中。昨季は6敗を喫した。中日は苦手とする京セラドームで、2年ぶりの白星を手にすることができるだろうか。

 甲子園で第88回選抜高校野球大会が開催されている関係で、京セラドームで主催試合を行う阪神は、得意とする球場で幸先の良いスタートを切りたいところだ。

 また、先発が予想される両投手の対戦成績を見てみると以下のようになる。

▼ メッセンジャー vs.中日
2015年:4試 1勝1敗 防3.75
・エルナンデス .500(10-5)
・平田良介 .364(11-4)
・大島洋平 .308(13-4)
・荒木雅博 .286(7-2)
・遠藤一星 .000(3-0)

▼ 大野雄大 vs.阪神
2015年:6試 3勝1敗 防0.76
・俊  介 .571(7-4)
・ゴ メ ス .167(18-3)1本塁打
・鳥谷 敬 .150(20-3)
・西岡 剛 .100(10-1)
・福留孝介 .083(12-1)

 メッセンジャーは昨季中日戦、1勝1敗、防御率3.75の成績。打者別の成績を見ると、エルナンデスに打率.500(10打数5安打)、平田良介に.364(11打数4安打)、大島洋平に.308(13打数4安打)と打率3割以上打たれている。大島が1番、平田が3番か5番の打順で出場することが予想されており、大島の出塁を許して、平田にランナーを還されるというのは避けたいところだ。

 一方、大野は昨季阪神戦に3勝1敗、防御率0.76に抑えた“阪神キラー”。ナゴヤドームで行われた5月4日の試合では、完封勝利を記録している。打者別の成績を見ても退団したマートンに打率.350(20打数7安打)、開幕一軍を逃した俊介に.571(7打数4安打)を苦手にしているが、その他の主力打者はしっかりと封じている。エースに成長した大野が、チームに今季初勝利をもたらすことができるか注目だ。

 注目のセ・リーグ開幕戦・阪神-中日は京セラドーム大阪にて、3月25日(金)の18時00分にプレイボールとなる。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 69 45 2 -
2 巨人 60 50 3 7
3 DeNA 54 59 3 7.5
4 阪神 52 62 3 2.5
5 ヤクルト 51 65 1 2
6 中日 48 66 3 2
順位チーム
1 ソフトバンク 66 41 5 -
2 日本ハム 69 43 1 -
3 ロッテ 61 52 1 8.5
4 楽天 48 58 3 9.5
5 西武 49 64 2 2.5
6 オリックス 44 66 1 3.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ