ニュース 2016.03.25. 21:26

ロッテ・伊東監督してやったり! 予言通りの”大谷初回攻略”で開幕戦勝利

○ ロッテ 3 - 2 日本ハム ●
<1回戦・QVCマリン>

 ロッテが伊東監督のプラン通り、日本ハム先発・大谷から初回に3得点。投げてもエース・涌井が大谷との“最多勝対決”を制し、満員に膨れ上がった本拠地で今季初勝利を手にした。

 ロッテは初回、1番岡田の投安などで二死二塁の好機を作ると、4番デスパイネが中前適時打を放ち先制。さらに続く角中の四球で再び一、二塁とすると、6番井上が甘くなった変化球を見逃さず、一気に二者をホームへ迎え入れる適時二塁打をレフト線へ運んだ。

 伊東監督は対戦前から、大谷攻略へ「崩すなら不安定な初回」と明言。その通り、機動力のある岡田、選球眼の良い角中らがチャンスメイクし、デスパイネ、井上が高めの変化球をキッチリ仕留めた。

 その後は徐々に立ち直った大谷に封じられたが、それでも目論見通りの“速攻”が決まり、主導権奪取に成功。投げては涌井が日本ハム打線を散発4安打に封じ7回無失点。2番手の大谷が捕まり8回に2点を返されたが、3番手の内、4番手の西野が好投し、最後を締めた西野は今季初セーブを記録した。

 日本ハムは大谷が初回に捕まり3失点。その後は修正し7回5安打9奪三振と粘投したが、立ち上がりの失点が最後まで響き今季初黒星を喫した。

 打線も涌井を攻略できず、7回までゼロ行進。8回は1番陽、3番田中の適時打で1点差に迫ったが、なおも二死一、二塁の好機で6番レアードが三振に倒れた。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 73 46 2 -
2 巨人 60 55 3 11
3 DeNA 57 61 3 4.5
4 ヤクルト 56 65 1 2.5
5 阪神 54 65 3 1
6 中日 49 70 3 5
順位チーム
1 ソフトバンク 69 43 5 -
2 日本ハム 72 45 1 -
3 ロッテ 62 56 1 10.5
4 楽天 51 60 3 7.5
5 西武 52 65 2 2
6 オリックス 45 69 1 5.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ