ニュース

元ヤクルト・ロマンの去就が決定!ラミゴ入団で5年ぶりの台湾復帰

無断転載禁止
移籍先未定だったロマンの去就が決定!
 台湾リーグ・Lamigoモンキーズは11日、昨年までヤクルトでプレーしていたオーランド・ロマンの入団を発表した。

 球団公式HPによると、旧正月の休み明けにチームに合流する予定となっており、兄弟エレファンツでプレーした2011年以来、5年ぶりの台湾リーグ復帰となるという。

 ロマンはプエルトリコ出身、現在37歳の右腕投手。2012年にヤクルトに入団し、1年目から先発・中継ぎ問わずフル回転。リード時からロングリリーフまで幅広い起用に応え、信頼を得た。

 日本では昨年までの4年間通算で133試合に登板し、18勝22敗、6セーブ、27ホールドで防御率3.00と活躍。昨シーズンはキャリアハイの61試合に登板してリーグ優勝したチームのブルペンを支えたが、ペレスにデイビーズ、ルーキと外国人投手を新たに3名獲得したこともあって自由契約となっていた。
 
 今シーズンから再び台湾の舞台でプレーすることになったロマン。ヤクルト移籍前の2011年には16勝で最多勝、161奪三振で最多奪三振の投手二冠を達成しており、勝率.727もリーグトップの成績だったため、今回の復帰は台湾でも大々的なニュースとして取り上げられている。台湾での活躍にも大いに期待したい。


▼ オーランド・ロマン
生年月日:1978年11月28日生(37歳)
出身:プエルトリコ
経歴:[米]マイナーリーグ-[台湾]兄弟-[NPB]ヤクルト-[台湾]Lamigo
ポジション:投手
身長/体重:185cm/102kg
投打:右投右打
[NPB通算] 133試(324回)18勝22敗 奪三振207 防3.00
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西