ニュース

高橋新監督、東京ドーム初陣を勝利で飾る 内海、村田、小林らがアピール

開幕スタメンを目指す小林が決勝アーチ


 巨人は27日、東京ドームでヤクルトとのオープン戦を行い4-2で勝利。高橋由伸新監督の本拠地初陣を白星で飾った。

 巨人は初回、二死から3番坂本、4番ギャレット、5番クルーズの3連打で先制。1-1で迎えた5回には、正捕手獲りを目指す9番小林が左翼席への勝ち越しソロを放ち、2年連続の開幕マスクを首脳陣にアピールした。

 2-1で迎えた6回には、代打・村田が技ありの適時二塁打。再び1点差に迫られた8回にも、途中出場の大田が適時二塁打を左中間へ運びヤクルトを突き放した。

 投げては今季から先発転向を見据えるマシソンが、5回を5安打3奪三振1失点。2番手の内海も4回1失点と好投し、互いに先発ローテ入りをアピールした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西