ニュース 2016.03.14. 10:00

阪神・横田、打率.344と猛アピール 開幕一軍を掴めるか?

期待の高卒3年目外野手・横田慎太郎
 3月25日のプロ野球開幕まで残り11日となった。開幕一軍生き残りへ若手選手たちもアピールを続けている。阪神の横田慎太郎もその一人だ。

 プロ3年目の横田は、オープン戦9試合に出場して、打率.344、5打点、4盗塁を記録している。ここまで結果を残してきているが、今週は開幕に向けて各球団主力級の投手が投げることが予想される。開幕一軍を掴むためにも、ここが最後の難関となりそうだ。

 横田はオープン戦11安打記録しているが、そのうち俊足を飛ばして内野安打をマークしたのは4本。エース級の投手との対戦はほとんどないが、一軍で投げる投手とも対戦した。

 2月21日のヤクルト戦では、昨季6勝を挙げたサブマリン・山中浩史からタイムリー二塁打、2年連続最多勝を獲得したことのある巨人の内海哲也からもセンターへヒット。さらに、2年前に開幕投手を務めたDeNAの三嶋一輝からタイムリーを含む2本の安打を放っている。

 また、内野安打が多いように俊足も横田の武器の1つである。横田はオープン戦12球団トップの4盗塁を記録。高代ヘッドコーチは、スタートのタイミングの良さを評価する。昨季のチーム盗塁数はリーグワーストの48盗塁で、上本博紀が19盗塁を記録した以外は、全選手盗塁数は一ケタ。そういったことを踏まえると、“足”を使える横田は貴重な存在だろう。

 金本監督は10日のDeNA戦後に「様になってきたね。“横田君”から“横田さん”になった感じ」と独特な表現で横田を評価。開幕まで残り11日。開幕一軍、そして開幕スタメンへ、横田にとって大事な1週間が始まる。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 45 30 2 -
2 巨人 34 37 3 9
3 DeNA 34 38 3 0.5
4 中日 34 39 3 0.5
5 阪神 33 40 3 1
6 ヤクルト 34 43 1 1
順位チーム
1 ソフトバンク 48 19 5 -
2 ロッテ 43 31 1 8.5
3 日本ハム 41 31 1 1
4 西武 32 40 2 9
5 楽天 29 40 2 1.5
6 オリックス 25 44 0 4
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ