コラム

ようやく開幕!メジャーリーグの2020シーズンをプレビュー【ア・リーグ中地区 編】

無断転載禁止
ツインズの快進撃はつづく…?

シーズンプレビュー【AL中地区 編】


 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開幕を見合わせていたメジャーリーグの2020年シーズン。本来の予定から遅れること約4カ月、いよいよ現地時間7月23日(日本時間24日)に開幕が決定。異例の“60試合制シーズン”が、ついに始まる。


 というわけで、新シーズンの見どころや注目ポイントを地区ごとに紹介していこう、というのがこの企画。今回は、ア・リーグ中地区を取り上げる。

 シーズン展望の前に、まずは昨年の順位をおさらいしておこう。

【2019・AL中地区順位表】
1位 ツインズ(101勝61敗)
2位 インディアンス(93勝69敗)
3位 ホワイトソックス(72勝89敗)
4位 ロイヤルズ(59勝103敗)
5位 タイガース(47勝114敗)


前田健太が加入したツインズは…?


▼ ミネソタ・ツインズ

 2018年の78勝から「23」もの勝ちを上積み。101勝を挙げて9年ぶりの地区優勝を果たしたツインズ。100勝超えは1965年以来、チーム史上2度目のことだった。

 その原動力といえば、何といってもメジャー新記録の307本塁打を放った強力打線。ネルソン・クルーズの41本を筆頭に、5人が30本塁打の大台にのせた。その5人が今季も健在となれば、得点が大きく減ることはないだろう。

 投手陣は、防御率を2018年のリーグ22位から同9位まで改善。絶対的なエースこそいなかったが、ローテーションに入った5人がそろって2ケタ勝利をマークした。3年連続で2ケタ勝利を挙げているホセ・ベリオスはまだ26歳と若く、さらなる飛躍に期待がかかる。


▼ クリーブランド・インディアンス

 2016年から地区3連覇していたインディアンス。昨季も優勝は間違いなしとみられていたが、ツインズとデッドヒートの末、惜しくも4連覇を逃している。

 打線を牽引したのは、2年ぶりに復帰したカルロス・サンタナ。チーム最多の34本塁打・93打点をマークし、メジャー10年目で初のオールスターにも選出された。新たに加入したドミンゴ・サンタナの活躍次第では、ツインズに匹敵する強力打線が完成する。

 一方、ア・リーグ3位の防御率をマークした投手陣だが、台所事情は決して盤石ではなかった。シーズンを通してローテーションを守り、規定投球回数に達したのはシェーン・ビーバーだけ。シーズン途中に放出したトレバー・バウアーの穴を埋めることができなかった。


“2強”に割って入るチームは…?


▼ シカゴ・ホワイトソックス

 2013年から7年連続負け越し中のホワイトソックス。昨季の得点数は両リーグワースト7位、失点数は同ワースト9位と、投打に精彩を欠いた。

 しかし、打線には明るい兆しが見えている。ティム・アンダーソンとヨアン・モンカダの若手三遊間コンビが、昨季はそろって打率3割超えを達成。マイナーにも若手の有望株ルイス・ロバートが控えており、この選手が期待通りの活躍をすれば、得点力の大幅アップが見込めそう。

 投手陣も、昨季14勝を挙げたルーカス・ジオリトがエースとして君臨する。新たに加入したダラス・カイケルとジオ・ゴンザレスの両左腕も、若手中心のチームに良い影響を与えるだろう。投打ともに戦力アップが著しく、ツインズとインディアンスに割って入る可能性もありそうだ。


▼ カンザスシティ・ロイヤルズ

 2年連続で100敗超えのロイヤルズ。今季は2015年にチームを世界一に導いたネッド・ヨスト監督に代わり、マイク・マシーニーが新監督に就任。新たな船出を迎える。

 打線はそれまでレギュラーもままならなかったホルヘ・ソレアが突如大ブレーク。48本塁打を放ち、ア・リーグ本塁打王に輝いた。それでも、得点数はア・リーグワースト2位。今季も貧打に泣きそうだ。

 投手陣も、昨季は2ケタ勝利投手が不在という厳しいシーズンを送った。唯一の明るい材料は、ベテランのイアン・ケネディが守護神として復活したことくらい。チーム再建にはまだ数年かかりそうだ。


▼ デトロイト・タイガース

 昨季は両リーグワーストの47勝に終わったタイガース。チーム史上2度目の勝率2割台と低迷した。

 特に打線は長打力不足が深刻で、チーム最多はブランドン・ディクソンが放った15本塁打。ちなみに、ツインズは9選手が15本塁打以上をマークしている。37歳になったミゲル・カブレラの衰えも顕著だが、春先のオープン戦で好調を維持していたのは心強い。

 投手陣では、マシュー・ボイドが9勝をマーク。打線の援護があれば、12勝以上はできただろう。とはいえ、昨季1勝13敗のジョーダン・ジマーマンに頼らざるを得ない貧弱な先発陣。若手の台頭が待たれる。


【まとめ】

 この地区はツインズとインディアンス、そしてホワイトソックスの3強になりそう。特にホワイトソックスは、補強した戦力が額面通りの活躍をすれば、一気に面白い存在になるだろう。

 なお、ツインズはここ数年、“偶数年”に不調に陥っている。定着しつつあるジンクスの通り、今季は下位に沈むことになるのか。それとも、そんなものは迷信と跳ねのけることができるのか。こちらも注目だ。


文=八木遊(やぎ・ゆう)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西