ニュース 2015.12.15. 12:00

史上初シーズン40セーブ以上が3人 守護神の活躍が目立った?

最多セーブを獲得したバーネット [BASEBALLKING]
 今季、セ・リーグは呉昇桓(阪神)、バーネット(ヤクルト)、パ・リーグはサファテ(ソフトバンク)が最多セーブのタイトルを獲得した。最多セーブをマークした3人は、いずれも40セーブ以上をマーク。同一シーズンに3人の投手が40セーブ以上を記録したのは初めての快挙となった。

 2年連続最多セーブに輝いた呉昇桓は、8月が終了した時点で38セーブ。05年岩瀬仁紀(中日)、07年藤川球児(阪神)が持つシーズン46セーブの日本新記録更新に期待がかかるほどのペースでセーブを量産していた。チームは9月以降、9勝15敗と大きく負け越したこともあり、セーブ機会が減少。日本記録に並ぶことはできなかったが、最終的に41セーブをマークした。

 ヤクルトの守護神・バーネットは近年精彩を欠いていたが、今季は開幕から23試合連続で無失点に抑えるなど安定。これまでは、守備のミスや判定などでイライラする場面が多く見られたが、今季はそういったこと場面はほとんどなかった。41セーブを記録し、呉昇桓とともに最多セーブのタイトルを獲得した。

 サファテは、2連覇を達成したソフトバンクの守護神として、パ・リーグ新記録となる41セーブを記録。今季は、日本新記録となる43イニング連続奪三振をマークするなど安定感が抜群で、3、4月と8月の月間防御率0.00だった。

 また、ルーキーの山崎康晃(DeNA)、2年目の松井裕樹(楽天)といった若き守護神たちの活躍が光った。山崎康は新人のシーズン最多記録となる37セーブを挙げ、松井裕も最年少20歳でシーズン30セーブ(最終的に33セーブ)を記録した。松井裕は来季、配置転換も噂されたが、引き続き抑えを務めることが決まっている。

 その他、増井浩俊(日本ハム)、西野勇士(ロッテ)、沢村拓一(巨人)などがシーズン30セーブ以上をマークした。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 72 45 2 -
2 巨人 60 53 3 10
3 DeNA 55 61 3 6.5
4 阪神 54 63 3 1.5
5 ヤクルト 54 65 1 1
6 中日 48 69 3 5
順位チーム
1 ソフトバンク 68 42 5 -
2 日本ハム 71 44 1 -
3 ロッテ 61 55 1 10.5
4 楽天 50 59 3 7.5
5 西武 51 64 2 2
6 オリックス 44 68 1 5.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ