ニュース

オリックスが逃げ切り 投打の柱が仕事キッチリ

○ オリックス 7 - 4 楽天 ●
<11回戦・京セラドーム>

 オリックスが逃げ切り勝ち。投打の柱が役割を果たし、今季の楽天戦の勝利数を早くも2ケタ10勝(1敗)に乗せた。

 攻撃ではクリーンアップの3番ヘルマン、4番糸井、5番ペーニャが三人で6打点。ヘルマンは初回の同点タイムリーを含む3安打。糸井は2安打1打点に加え、ヘルマンとの重盗を決めるなど足でも魅せた。ペーニャは5階席まで届こうかという豪快弾を含む3打点。中軸の活躍もあり5回までに7点を奪った。

 先発の金子は初回にあっさり先制を許すも、その後は粘りの投球で7回2失点。8回以降は中継ぎ陣が楽天の反撃を2点で食い止め、金子が今季7勝目を手にした。

 一方、大久保体制2試合目の楽天は、1番に松井稼、2番に森山と、この日も打線を組み替え金子攻略を図るも、好機であと一本が出ずオリックスを上回る12安打を放つも4得点。先発の辛島も5回途中6失点と崩れ、昨日に続く連勝とはならなかった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西