ニュース

若手投手の投げあいはDeNA・三嶋が制す ヤクルト・杉浦は一発に泣く

無断転載禁止
一発に泣いたヤクルトの杉浦稔大©BASEBALLKING
○ DeNA 2 - 1 ヤクルト ●
<3回戦・横浜>

雨が降る横浜スタジアムで、若手投手による手に汗握る投げあいが行われた。この試合の勝敗を分けたのは四球だった。

 DeNA先発3年目の三嶋一輝は、初回一死から川端慎吾に二塁打を浴び得点圏に走者を背負ったが、後続を抑え無失点。2回以降も走者を出しながらの投球が続くも、ヤクルト打線に的を絞らせず5回まで無失点に抑える。

 しかし6回、一死後2番川端に四球を与えると、3番山田哲人の打席で暴投。一塁走者の川端の二塁進塁を許すと、山田にレフトへ適時二塁打を打たれ、先制を許した。

 対するヤクルト先発の2年目杉浦稔大は、5回まで三塁を踏ませない投球を披露。先制点をもらった直後の6回も、1番から始まる打順を3人で打ち取るなど危なげない投球を見せていた。

 7回、先頭の4番筒香嘉智に四球で出塁を許すと、一死後第1打席に安打を打たれているバルディリスを迎える。一発に気をつけたい場面だったが、1ボールからの高めのストレートを狙われ、レフトスタンドに飛び込む逆転2ランを浴びた。

 1点のリードをもらった三嶋は、8回途中を1失点に抑え今季初勝利。杉浦も7回を2失点にまとめたが、四球後のバルディリスの一発が痛かった。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西