ニュース 2016.02.28. 12:00

評価が急上昇中の中日・小川 目指す姿は巨人・阿部を苦しめたあの先輩?

左のワンポイントとして一軍定着を目指す中日の小川龍也
 昨季途中からサイドスローに転向したプロ7年目の左腕・小川龍也(中日)。“左キラー”として評価が急上昇している。

 27日のDeNAとの練習試合では、6回一死の場面で登板。同学年で日本代表でも4番を任される左の筒香嘉智と対戦し、スライダーで三飛に仕留めると、続く新外国人のロマックを三振に斬って取った。

 24日に行われた巨人との練習試合では、“左のワンポイント”として6回二死二塁でマウンドに上がり、左の亀井善行を中飛に打ち取りアピール。ここまで実戦5試合に登板して、いずれも無失点に抑えており、首脳陣の評価はうなぎ上りだ。

 中日のリリーフ事情を見ても、右は田島慎二、浅尾拓也、福谷浩司、又吉克樹、祖父江大輔などがいるが、左は小川と同学年の岡田俊哉と復活を目指す岩瀬仁紀のみ。そこに左のワンポイントとして小川が加われば、投手起用のバリエーションが増える。

 小川が目指すべきは、黄金時代の中日で“左”キラーとして君臨した小林正人や、昨年ヤクルトの14年ぶりにリーグ優勝に貢献した久古健太郎といった“左”のスペシャリストだろう。

 小林正は現役時代の11年に58試合に登板したが、そのほとんどが左のワンポイントだった。絶対に抑えなければいけないというプレッシャーがある中、内容も素晴らしくこの年、左打者に対して、76打数7被安打、被打率.092とほとんど打たれなかった。特に阿部慎之助(巨人)には6打数0安打4三振と全く仕事をさせず。地味ながらも貴重な働きを見せた。

 チームとしても、小林正のような“左のスペシャリスト”としての活躍を期待する。セ・リーグの各球団には筒香を始め、川端慎吾(ヤクルト)、鳥谷敬(阪神)、阿部慎之助(巨人)、丸佳浩(広島)など良い左打者が多い。球界を代表する左打者を抑えて、自分のポジションを確立したいところだ。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 27 21 1 -
2 巨人 22 21 3 2.5
3 阪神 23 23 3 0.5
3 中日 23 23 3 0
5 DeNA 22 24 3 1
6 ヤクルト 22 27 1 1.5
順位チーム
1 ソフトバンク 27 13 4 -
2 ロッテ 27 19 1 3
3 日本ハム 24 21 1 2.5
4 西武 20 25 2 4
5 オリックス 18 26 0 1.5
6 楽天 15 27 2 2

インフォ

おすすめ