ニュース 2016.03.11. 20:45

ロッテの開幕投手・涌井は3回無失点も…期待のローテ候補・二木が4回7失点

 ロッテの開幕投手に内定している涌井秀章が11日に行われた西武とのオープン戦に先発し、3回を無失点に抑えた。

 初回、先頭の秋山翔吾にいきなり四球を与えたが、浅村栄斗、中村剛也といった主軸を凡打に打ち取る。続く2回はメヒアと栗山巧に連打を許したが、オープン戦好調の坂田遼を投ゴロ、木村昇吾を併殺打に打ち取るなど、球数を重ねるごとに状態を上げていった。

 涌井は3回を投げて33球、2安打で無失点と好投。古巣を相手にさすがの投球を披露した。

 一方、苦しい投球となったのが、5回から登板した二木康太。開幕ローテーション入りが濃厚とみられている期待の3年目右腕は、5回こそ無死一、二塁というピンチを作るも、後続を力のあるストレートと落差のあるフォークで打ち取り、無失点で切り抜ける。

 ところが、7回に死球とエラーによりピンチを迎えると、二死二、三塁から逆球となったアウトコースのボールを途中出場の田代将太郎に弾き返されて失点。続く外崎修汰には三塁線を破られ、さらに2点を失った。

 その後、8回には5安打を許して4失点。結局4回を投げて球数は103球、6つの奪三振を奪うも9安打を許し、与四死が2つで7失点(自責は4)。厳しいマウンドとなってしまった。

 逆転を許したロッテは8回裏に代打・井上晴哉の適時打で2点を返すも、試合には3-7で敗れた。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 45 30 2 -
2 巨人 34 37 3 9
3 DeNA 34 38 3 0.5
4 中日 34 39 3 0.5
5 阪神 33 40 3 1
6 ヤクルト 34 43 1 1
順位チーム
1 ソフトバンク 48 19 5 -
2 ロッテ 43 31 1 8.5
3 日本ハム 41 31 1 1
4 西武 32 40 2 9
5 楽天 29 40 2 1.5
6 オリックス 25 44 0 4
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ