ニュース 2016.03.14. 12:16

他球団も羨むソフトバンク投手陣 OP戦チーム防御率は驚異の0.89

 3年連続日本一を目指すソフトバンクは、オープン戦6勝0敗3分と圧倒的な強さを見せている。打線は松田宣浩、内川聖一、中村晃といった主力野手陣に元気がないが、投手陣はチーム防御率0.89と12球団トップと他球団が羨むほど好調だ。

 先発陣は、開幕投手が内定している摂津正は、10日の巨人戦に先発し、毎回のように走者を背負う苦しい投球も5回を5安打4四死球無失点。ここまで2試合に登板して、防御率0.00。昨季13勝を挙げた武田翔太、5年ぶりに日本球界に復帰した和田毅も1試合の登板だけであるが、失点していない。

 さらに先発5番手として期待される千賀滉大も、2試合で計9イニングを投げて、防御率0.00。ローテーション入りが決まっている投手で、唯一失点を喫しているのが、バンデンハークだけ。そのバンデンハークも、1点しか許しておらず、先発陣の安定ぶりが光る。

 先発だけでなく、リリーフ陣も状態が良い。勝利の方程式の森唯斗、五十嵐亮太、サファテの3人はオープン戦で失点なし。五十嵐は紅白戦や練習試合で打たれるシーンもあったが、8日の巨人戦で三者連続三振に仕留めるなど、開幕に向けて順調に調整を進めている。

 また、ロングリリーフ、ビハインドゲーム、勝ちパターンの1つ前で投げることが予想される森福充彦、柳瀬明宏、嘉弥真新也、岩崎翔、東浜巨も未だに失点していない。先発、リリーフの核ではない投手たちもレベルの高い争いをしていることが、ソフトバンクの強みともいえるだろう。

 3月25日の開幕まで2週間を切り、各球団何かしら投手陣に不安を抱える中で、順調な仕上がりを見せるソフトバンク投手陣。いつ開幕を迎えても、問題なさそうだ。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 56 35 2 -
2 巨人 44 43 3 10
3 DeNA 44 46 3 1.5
4 ヤクルト 42 51 1 3.5
5 中日 40 50 3 0.5
6 阪神 38 52 3 2
順位チーム
1 ソフトバンク 57 27 5 -
2 日本ハム 54 33 1 4.5
3 ロッテ 50 39 1 5
4 楽天 35 49 2 12.5
5 西武 37 52 2 0.5
6 オリックス 33 53 0 2.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ