ニュース

“対戦成績”で見る開幕戦 最も遅い時間に開幕を迎える「ロッテ-日本ハム」

無断転載禁止
開幕戦の先発が予想されるロッテの涌井秀章(左)、日本ハムの大谷翔平(右)

3月25日(金)セ・パ一斉開幕!


 プロ野球2016年シーズンの開幕まで、ついに1週間を切った。「143試合のうちの、たかが1試合」にあらず。開幕戦は、新シーズンを占う重要な一戦になる。

 今年、他チームよりも最も遅く開幕を迎えるチームがある。QVCマリンで行うロッテ対日本ハム戦だ。

 3年ぶりに本拠地QVCマリンで開幕を迎えるロッテ。エースの涌井秀章が開幕のマウンドに上がれば、西武時代から含めて7度目の大役となる。

 対する日本ハムは、昨季パ・リーグ投手三冠に輝いた大谷翔平が先発を務める予定だ。昨季初めて開幕投手を務め5回2/3を1失点に抑え、ダルビッシュ有を越えとなる高卒3年目で開幕戦の白星を手にした。

 ロッテと日本ハムの対戦。果たして2016年の初陣を飾るのはどちらになるのか。両チームの対戦成績を振り返りながら見ていきたい。


ほぼ互角の対戦成績


 ロッテと日本ハム、両者の直近3年間における直接対決の戦績は以下のようになる。

2015年:ロッテ 12 - 13 日本ハム
2014年:ロッテ 11 - 13 日本ハム
2013年:ロッテ 14 - 10 日本ハム
―――
合計:ロッテ 37 - 36 日本ハム

 ここ2年ロッテが日本ハムに負け越しているものの、2013年に14勝10敗と勝ち越したこともあり、直近3年間ではロッテがわずかに1つ勝ち越している。

 QVCマリンでの対戦成績を見ると、日本ハムは昨季9勝4敗と大きく勝ち越しており、直近3年間でも20勝17敗という成績だ。

 また、先発が予想される両投手の対戦成績を見てみると以下のようになる。

▼ 涌井秀章 vs.日本ハム
2015年:2試 2勝0敗 防2.40
・中田 翔 .429(7-3)1本塁打
・近藤健介 .167(6-1)
・陽 岱鋼 .143(7-1)
・中島卓也 .167(7-1)
・田中賢介 .000(7-0)

▼ 大谷翔平 vs.ロッテ
2015年:3試 2勝1敗 防1.13
・鈴木 大地 .625(8-5)
・荻野 貴司 .600(5-3)
・角中 勝也 .182(11-2)1本塁打
・清田 育宏 .182(11-2)
・デスパイネ .000(11-0)

 涌井はロッテ相手に2戦2勝、防御率は2.40。上位打線の陽岱鋼を打率.167(7打数1安打)、田中賢介を打率.000(7打数0安打)とほぼ完璧に抑えている。4番の中田翔に対して打率.429(7打数3安打)、1本塁打と打たれているが、中田の前にランナーを置かなければ、大きなダメージを受けることはなさそうだ。

 一方の大谷はロッテ戦に昨季、3試合に登板し、2試合で完封勝利を収めている。そのうち1試合はQVCマリンでのもの。2度完封した相性の良い相手とはいえ油断はできない。オープン戦打撃好調の鈴木大地に対して、昨季の対戦打率.625(8打数5安打)、通算でも打率.467(15打数7安打)とかなり打ち込まれている。苦手の鈴木を得点圏で回したくないところだ。

 注目のパ・リーグ開幕戦・ロッテ-日本ハムはQVCマリンにて、3月25日(金)の18時30分にプレイボールとなる。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西