ニュース

20代で中日を去ると、移籍先で活躍する選手が多い?

 28年ぶりに2年連続のBクラスとなった中日は今オフ、血の入れ替えが激しくなりそうだ。早速1日、堂上剛裕など10選手に戦力外を告げた。ベテラン選手が多いチームでありながら、戦力外となった10選手のうち9選手が20代。彼らは年齢的にも若く、志半ばでの退団となった。しかし、ここで諦めてはいけない。これまでも20代で中日を去り、移籍先で活躍した選手が意外と多いからだ。

移籍後活躍した主な選手

小山伸一郎(中日在籍期間1997~2004)19歳~26歳
【中日】71試合 4勝8敗0S 防御率5.94
【移籍後ベスト】57試合 1勝2敗0S 防御率1.99(2012楽天)

鉄平(中日在籍期間2001~2005)19歳~23歳
【中日】52試合 打率.185 0本塁打0打点
【移籍後ベスト】132試合 打率.327 12本塁打76打点(2009楽天)

田上秀則(中日在籍期間2002~2005)23歳~26歳
【中日】13試合 打率.111 0本塁打1打点
【移籍後ベスト】138試合 打率.251 26本塁打80打点(2009ソフトバンク)

森岡良介(中日在籍期間 2003~2008)19歳~24歳
【中日】39試合 48打数8安打 1本塁打2打点
【移籍後ベスト】98試合 打率.276 2本塁打30打点(2014ヤクルト)

川岸強(中日在籍期間2004~2006)25歳~27歳
【中日】35試合 1勝1敗0S 防御率4.09
【移籍後ベスト】54試合 4勝3敗3S 防御率1.94(2008楽天)

新井良太(中日在籍期間2006~2010)23歳~27歳
【中日】124試合 打率.191 1本塁打4打点
【移籍後ベスト】119試合 打率.238 14本塁打51打点(2013阪神)

 少なくとも上記の選手たちは、移籍先でチームに欠かせない戦力になった。野手の成功例は鉄平だろう。中日時代は途中出場がメインだったが、移籍後1年目からレギュラーに定着し、2009年には首位打者を獲得。近年は打撃不振が目立つも、これまで3度の打率3割をマークしている。

 投手でも1996年ドラフト1位で中日に入団した小山が、楽天移籍後に長らく活躍を続けた。中日時代は制球難で、岩瀬仁紀、落合英二などレベルの高いリリーフ陣に割り込むことができなかった。楽天移籍後は新規参入球団ということもあり、チャンスが多く与えられたことが大きい。2008年からの5年連続で50試合以上登板を果たすなど、リリーフ陣の柱に成長した。

 今回、戦力外となった堂上剛、中田亮二などは、中日では芽が出なかった。しかし、中日を去った先輩たちの活躍を鑑みれば、新天地でもまだまだチャンスがあると言えそうだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西